日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日、いつもよりどっと疲れた気がして

822 :本当にあった怖い名無し:2009/12/24(木) 15:16:44 ID:HcdOY7uPO

昨日、いつもよりどっと疲れた気がして
メシも買わず家に帰った。
カップ麺あったかな~と考えつつ
鍵をあけようとすると鍵が開いてた。



僕が目の前のおばさんをホームから突き落としたそうです。

887 :1/3:2009/12/24(木) 13:41:27 ID:X7CLSliD0

今から10年少し前、僕が高校生の頃の話です。
ある冬の日、事件が起きました。僕が目の前のおばさんを
ホームから突き落としたそうです。
「そうです」というのも僕には全く記憶がないのです。



幽霊が出ると噂される廃墟になった病院の隔離棟がある。

654 :774RR:2009/12/22(火) 04:11:23 ID:3//nP6yq

俺の実家からチャリで30分ほどのところに幽霊が出ると噂される廃墟になった病院の隔離棟がある。
今では肝試しに来る若者が侵入できないようセキュリティーシステムがついているのだが、
俺が小学生の頃は中に入ることができた。


釣り仲間と二人で、山中の溜め池へバス釣りに出かけた。

120 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2009/12/11(金) 21:33:07 ID:VahUBvCy0

友人の話。

釣り仲間と二人で、山中の溜め池へバス釣りに出かけた。
早速アタリが来た。思い掛けず強い引きに驚きながらも喜ぶ。
これは中々のファイトが楽しめそうだ。



ある日、学校帰りに自転車がパンクして押して帰ってたの。

587 :本当にあった怖い名無し:2009/12/22(火) 00:39:43 ID:Vp7H3sR8O

投下させてね

俺は定時制に通ってたのね、交通手段は自転車。ある日、学校帰りに自転車がパンクして押して帰ってたの。

時間が時間なんで開いてる店もないし、途中で疲れて近くにあった神社に隣接した公園で一息入れた。



友達から聞いた話。実話なので一部改変してます。

536 :本当にあった怖い名無し:2009/12/20(日) 19:11:08 ID:zJSNNu9V0

友達から聞いた話。実話なので一部改変してます。

友達の母親(仮にAさん)が事故に巻き込まれた。
何でもその事故というのが当て逃げってヤツで、Aさんはすぐに警察を呼んで対処して貰ったらしい。


怪談が生まれるには絶好の条件だった

161 :本当にあった怖い名無し:2009/12/20(日) 15:05:58 ID:bHxyRtPP0

俺が小学生の頃だから十年以上前の話だな

当時ほとんど使われていなかった第二理科室
場所も地下一階の突き当たりといった怪談が生まれるには絶好の条件だった



俺は、重い病にかかっていた。

111 :本当にあった怖い名無し:2009/12/21(月) 23:14:35 ID:6w0txhfq0

俺は、重い病にかかっていた。
発作がひどいときは動くどころか、呼吸すら自力でできない程重い病気だ。
俺の助かる方法は、臓器提供者を待つだけ。それまで、グッと、ジッと痛みに耐えるだけ。


俺が子供だった頃俺と親友しか入れない場所があったんだ

529 :1/2:2009/12/20(日) 15:04:00 ID:5Q8gS4Re0

何十年も前俺が子供だった頃俺と親友しか入れない場所があったんだ
親友は毎日俺のうちに遊びに来てて母ちゃん同士も仲が良かったんだ

俺と親友しか入れない場所は階段登って正面にある部屋の押し入れの中にある小さな扉だ
親友とはいつもそこの中に入って遊んでるんだ
色々な玩具とかを持ってって・・・



何かテーマを出してくれよ。

85 :本当にあった怖い名無し:2009/12/20(日) 16:13:09 ID:/QFJuy5U0

何かテーマを出してくれよ。
「このお題でやってくれ」とか「この一文から書き始めてくれ」とか。

俺なら、それでも幾らでも作れるがな。

88 :本当にあった怖い名無し:2009/12/20(日) 16:49:40 ID:15rnIxcF0

>>85

お題「ハゲ」「トンガリコーン」にまつわる話で

「昨日リックドムのプラモを作っていたら、その中から」
で始まる文から書き始めてくれ。



中学時代の友達の女の子の話。

47 :本当にあった怖い名無し:2009/12/18(金) 20:02:26 ID:x1iY+sGVO

中学時代の友達の女の子の話。
その友達はお嬢様だった。凄い学歴の両親、立派な一軒家。成績もトップクラス。



家に帰ったら、家族が入れ替わってた。

628 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2009/09/26(土) 20:35:38 ID:XAqMt/F90

このスレのログ読んでたら今思い出した。
小さい頃の変な記憶がある。

小学校低~中学年くらいの頃のことなんだが、ある日、学校から帰ったあとの午後に、家から7~800mくらい
はなれた線路沿いの道端で、ひとりでぼーっと空を見上げてた。
あんまり普段そういうことする子供じゃなかったんだが、なんで見上げてたのかは覚えてない。

小学校2年の冬、不思議な少年を見た。

26 :1/3:2009/01/13(火) 13:57:13 ID:hHOalQ180

怖くないかもしれませんが…。しかも無駄に長いですが…。


小学校2年の冬、不思議な少年を見た。



一年に一度しか会わない友人がいる。

571 :本当にあった怖い名無し:2009/10/04(日) 00:39:26 ID:CGPgCMkW0

一年に一度しか会わない友人がいる。
AとBそして俺。高校時代の友達で交流のあるのはこの二人だけ
集合するのは7月末の土日。Aの召集で二泊三日のキャンプをする。



どうやら自分は、やたら耳が良いらしい。

507 :本当にあった怖い名無し:2009/12/15(火) 08:17:04 ID:hS7l1AU70

 どうやら自分は、やたら耳が良いらしい。
コウモリの鳴声なんか、フツーに聞こえてた。



非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。