日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かがみが我をもつと我が身になる

756 :本当にあった怖い名無し:2010/01/25(月) 19:53:41 ID:Og1GQUdj0

1、自己責任系の話になるのかな?
場所はふせるけど知ってる人には即バレな有名な事件です。

おいらの住む村は本当に田舎でコンビニも車で
30分くらいいかないといけないくらいなんだ。



事故で病院に運ばれて目を覚ましたら半年前になってたことがある

60 :名無しさん@ビンキー:2010/01/20(水) 00:32:01 O

事故で病院に運ばれて目を覚ましたら半年前になってたことがある
しかも退院して半年してまた事故にあって…っていうのをたぶん5、6回繰り返した



昔、大学の先輩に聞いた話だが

648 :本当にあった怖い名無し:2010/01/24(日) 00:51:29 ID:ybUZ+LXm0

昔、大学の先輩に聞いた話だが

有る山奥のダム湖の近くに
電灯が1つもついてない古いトンネルが有るんだが
そのトンネルの中で
深夜に車を止めて、ヘッドライトを消して
クラクションを3回鳴らすと
何かが起きるって話があったんだ



良かったらうちへ泊まりませんか?

244 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/24(日) 14:46:06.28 ID:YuMc5jvtO

若い男が旅をしていました。
その日は日が暮れるまでに宿のある町まで到着するつもりでしたが
男は道を間違えて淋しい山奥に入りこんでしまいました。

男は仕方なく野宿を覚悟しました。
そんな男の前に農作業の帰りらしい老婆が現れ声をかけてきました。



10メートルくらい先のT字路を、人が歩いている。

436 :本当にあった怖い名無し :2009/09/02(水) 20:56:33 ID:p+xBgSEE0

盆にキャンプ行ったときのこと。

真夜中に目が覚めちゃって、友達と二人で林道みたいなところを歩いていた。
世間話しながら歩いてると、T字路があるところまで来た。


山奥の倉庫で雪掻きをしていた時のこと。

594 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2010/01/20(水) 23:20:25 ID:fmRODwEg0

仕事仲間の話。

山奥の倉庫で雪掻きをしていた時のこと。
入口を片して車が出入り出来るようにしたところで、雪だるまに気が付いた。
倉庫の壁と山肌の間に、結構大きな雪だるまが鎮座している。



俺の友達で小さな霊障によく悩まされていた奴の話なんだが、

122 :本当にあった怖い名無し:2010/01/22(金) 02:18:38 ID:P78o45+G0

流れをぶった切ってみる。

俺の友達で小さな霊障によく悩まされていた奴の話なんだが、



どこから説明していいかわからないけど、ほんの少しスリップした感覚がある。

833 名前:本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2010/01/09(土) 16:03:41 ID:7VkTxyf20

どこから説明していいかわからないけど、ほんの少しスリップした感覚がある。
確かに、今朝、阪神・淡路大震災の15年目ってことで、消防団の(民間)訓練に朝出たんだな。
で、帰ってきて、オカルト板某スレに、「15年前の今日が大震災の日…」みたいなこと書いた。



妻殺害の記憶や自責の念を切り離した別人格に押し付けたのです。

438 :本当にあった怖い名無し:2010/01/20(水) 19:38:54 ID:mlhRNureO

5年前、私は妻を殺害しました。
同時に妻殺害の記憶や自責の念を切り離した別人格に押し付けたのです。



遠い山間での住宅改装を請け負った彼は、毎日のように山中の峠道を越えていた。

589 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2010/01/18(月) 19:15:02 ID:rs/zHIC+0

仕事仲間の話。

遠い山間での住宅改装を請け負った彼は、毎日のように山中の峠道を越えていた。
きちんと整備された道路も造られているのだが、回り道の上に信号が多く、渋滞に
巻き込まれる率が高いので、舗装もされていない寂しい峠を通っていたそうだ。



携帯買ったばっかりの頃、非通知着信がやたらと多かった。

15 :本当にあった怖い名無し :2009/12/26(土) 00:17:08 ID:S4Lbs7bj0

書き手さんが居ないっぽいので俺の話。
携帯買ったばっかりの頃、非通知着信がやたらと多かった。
ある日の朝方また非通知から電話がかかってきたらしく今度は留守録が残ってた。



自分は一時期バイトを昼夜掛け持ちしてたんだけど、

637 :本当にあった怖い名無し:2010/01/18(月) 17:00:41 ID:BbSTBZQC0

90年代初めの頃の話。
自分は一時期バイトを昼夜掛け持ちしてたんだけど、
昼の方のバイトはフィルムの現像の仕事をしてた。
同じポジションに配属された2つ上のきれいなお姉さんがいてさ。
面倒見がよくて、いつも寝不足でばたばたな自分はフォローしてもらってた。



おとんを見た話。

616 :本当にあった怖い名無し:2010/01/17(日) 20:00:10 ID:6GPZbK0c0

おとんを見た話。

無駄遣いと言われても喫茶店で一人でお茶するのが好き
今時の「カフェ」といった洒落た店ではなく、いわゆる喫茶店が好き
たいてい流行ってなくて、客が少ないのも好き



もう放課後かよ。と思いながら教室へ向かうと

158 :本当にあった怖い名無し:2010/01/19(火) 16:48:11 ID:CC37s5Sg0

小学生の頃の話。

朝から体調が優れなくて、保健室で
薬をもらって、暫く横になってたらぐっすり寝てしまった。
起きてみると、夕方になっていて保健室には誰もいなかった。
ありゃー、寝すぎたな。
もう放課後かよ。と思いながら教室へ向かうと


親戚みんなから気味悪がられてる孤独な人(以下Aさん)がいて、

159 :本当にあった怖い名無し:2010/01/19(火) 19:12:39 ID:8AcX3okS0

親戚みんなから気味悪がられてる孤独な人(以下Aさん)がいて、
俺は中学生の時分、そのAさんが好きで、よくAさんの家に遊びにいってた。
(正直今も結構好き)
そんなAさんがある日話してくれた、Aさんが子供のときの話。



非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。