日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮元君というクラスメートがいた。

64 :本当にあった怖い名無し:2010/02/21(日) 19:06:33 ID:/4SIEBk30

高校時代、俺は孤独だった。
実家から一時間半かかる高校に行ったので地元の友達もおらず、
第一志望の高校落ちた挫折感と、人付き合いの煩わしさを感じる性質だっため、
教室でも寝てるか本を読んでいるかだった。
でも別に苦じゃなかった。


地元の人ほど明らかにしたがらないよねw

751 名前:愛蔵版名無しさん 投稿日:2010/02/19(金) 11:55:17 ID:???

公然の秘密みたいなもんで地元の人ほど明らかにしたがらないよねw
神社じゃないけど夕方にコビトの神さまが出ると言われてる祠がある。



昔、父親が仕事から帰ってくるなり「火の玉が見えた!」って騒いだ。

34 :本当にあった怖い名無し:2010/02/19(金) 21:48:15 ID:p5StF8FX0

昔、父親が仕事から帰ってくるなり「火の玉が見えた!」って騒いだ。
駅から家まで1.5キロほとの直線があってそこを車で帰ってくるんだけど、
かなり上空から、うちから100メートルほど離れた寺の横あたりに
降りていったんだそうな。



昔小学校でウサギとニワトリ飼ってたんだな。

588 :本当にあった怖い名無し:2010/02/20(土) 19:48:49 ID:GCaLXbbj0

昔小学校でウサギとニワトリ飼ってたんだな。
飼育係りとかやってさ、掃除の時間はみんな教室とか音楽室とかなんだけど
俺らは飼育小屋でフンをかたづけたり餌を補給したりってのやってたのよ。
ある日、いつものように行くとなんか違うんだ。


先日、とあるこじんまりとした旅館に泊まった。

589 :1/4:2010/02/20(土) 20:03:26 ID:iWP/zkxp0

先日、とあるこじんまりとした旅館に泊まった。
少し不便なところにあるので、訪れる人も少なく、静かなのが気に入った。
スタッフは気が利くし、庭も綺麗、部屋も清潔。文句なしの優良旅館だ。


中規模の独立系IT企業に人事総務担当として勤めていました。

606 :本当にあった怖い名無し:2010/02/21(日) 03:36:46 ID:V6aA4pkS0

「10年ほど前、中規模の独立系IT企業に人事総務担当として勤めていました。
社長がかなりワンマンで、それが嫌で進んで去る社員も多かったですが、
中に、社長に目を付けられても中々辞めないHという20代後半の男性社員がいました。


これは、岩手県遠野市に旅行に行った時のこと。

601 :本当にあった怖い名無し:2010/02/14(日) 10:29:09 ID:AM8NMZqr0

俺の体験した話をひとつ。

 これは、岩手県遠野市に旅行に行った時のこと。
 時間は黄昏時。とある民宿を探し、俺は山の中を歩いてた。
 山の中……って言っても、舗装された広い道路があって、脇には公衆便所や民家がポツポツとあった。
 で、そんな民家の側に、一人のお婆さんがいたんだよな。そのお婆さん見つけた時、正直ラッキーって思ったさ。丁度道がわからなくなってたからな。
 それで、渡りに船と思って、お婆さんに道を聞いたら、

「そこの坂をね、まっすぐ行くんだよ」

 俺は驚いた。なぜかっていうと、道路の方ではなく、人一人通るのがやっとの急な坂を指差しているのんだから。
 俺は間違いだと思って聞き返した。

 「ここをずーっとですか?」
 「ああ、ここをずーっと」

 間違いない。お婆さんは、確かに細い坂を指差している。
 俺は観念して、そこを上っていった。


踊る少女 (角川ホラー文庫)
吉村 達也
角川書店
売り上げランキング: 236825

実家の近くにたんぼに水を引く為に農業用水を貯めておく池がある。

821 :本当にあった怖い名無し:2010/02/18(木) 20:31:59 ID:sF+IcXRmO

実家の近くにたんぼに水を引く為に農業用水を貯めておく池がある。
子供の頃はよく鯉やら鮒、エビ、ザリガニを取って遊んだ思い出がある。

そこは堤って言われてるんだけど、定期的に水を抜いてメンテナンスをする必要があるわけ。


梅田という繁華街で奇抜な人を見かけました。

830 :本当にあった怖い名無し:2010/02/19(金) 05:44:43 ID:ud0SMGCN0

当方大阪なんですが、以前、梅田という繁華街で奇抜な人を見かけました。
その人は60歳くらいの男性なんですが、


去年の冬の話です。

564 :本当にあった怖い名無し:2010/02/18(木) 22:22:52 ID:eNdzI5jFO

去年の冬の話です。
ある資格をとるために、私は勉強に励んでました。
理系の教師をやってる兄に、カテキョをしてもらって小テストを出してもらったりしてりました。
その日も、兄が私の横に座って、ああだこうだと色々問題を出してきました。
私は、昼間の仕事と連日の勉強の疲れが出たのか一瞬にして爆睡してしまいました。
気がつくと、ベッドに横になっていました。
え、、?と思い、体を起こそうとすると頭がガンガン痛んだ。体が物凄く重い。
やっとの事で体を起こすと、床に兄がゴキブリみたいにひっくり返ってた。


ちょい年下かな~くらいの女性に声をかけられた。

539 :本当にあった怖い名無し:2010/02/17(水) 12:08:17 ID:VSIn0SJx0

 平成3年、大学3年生だったとき。街で、ちょい年下かな~くらいの女性に声をかけられた。
 彼女が言うには、自分と夢で何度も逢っているらしい。
しょっちゅう出てきて、夢の中ではかなり親密な関係になっているような口振りだった。
 夢に出てくる人が、現実に存在していたことに、彼女はひどく驚いていて、同時に喜んでもいた。
 自分はといえば、ものすごい変化球で攻めてきた逆ナンか、
その頃流行っていた様々な新興宗教の勧誘か何かかと思っていた。



一人暮らしすることになったので、部屋を探しに賃貸のお店に行ってみた。

535 :1/2:2010/02/17(水) 08:33:11 ID:GI5Epnkj0

大学2年生の時、今までは実家通いだったけど一人暮らしすることになったので、
部屋を探しに賃貸のお店に行ってみた。
大学近くで7畳あってセパレートでキッチン広め家賃4万円代。
私の希望はこれで、とても理想が高いものだった。
当然のことながら、そんな物件はないに等しい。



ある時からやたら家に間違い電話がやたらかかってくる時期があった。

528 :本当にあった怖い名無し:2010/02/16(火) 12:08:58 ID:5V6sJIEAO

高校生の頃の話

ある時からやたら家に間違い電話がやたらかかってくる時期があった。
それも、決まって
「フルヤ」という人と間違ってかかってくる。



いつも待たしている彼女に迷惑だと思い、10分前にいつもの待ち合わせ場所についた。

756 :本当にあった怖い名無し:2010/02/17(水) 02:25:01 ID:7MLB8CCV0

 いつも待たしている彼女に迷惑だと思い、10分前にいつもの待ち合わせ場所についた。
待ち合わせ時間になっても彼女が来ない。更に、10分が過ぎた。
 不安になり彼女に連絡を入れようとしたら、彼女から連絡が入った。
「今、どこに居るの?」心配といら立ち混じった声。
「○○(待ち合わせ場所)のベンチで」と答えると
「何、言っているのよ? 私もそこにいるよ」



何って、俺の奥さんのことだよ。

748 :本当にあった怖い名無し:2010/02/17(水) 00:55:45 ID:8yenGAu90

気立てがよくて料理上手ってかんじだったな。
何って、俺の奥さんのことだよ。
部下や上司をつれてっても、文句もこぼさず、もてなしてくれてた。
おっとっと、ノロケじゃないから最後まで聞いていきなさいって。



非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。