日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前外国に住んでたことがあるんだが

858 :本当にあった怖い名無し:2010/04/11(日) 22:45:05 ID:jKKVXiqx0

ひとつかかせてくれ
前外国に住んでたことがあるんだが俺はそこで古い家を一軒借りたんだ
家賃も安くて立地もよく景観までよかった
ほんとに申し分ないような完璧な家で・・・といいたいがひとつだけ欠点が・・・
その家の構造が少しおかしかったんだ日本の遊園地にあるような
ビックリハウスみたいな家で
ありえない場所に階段が着いてたり広間の天井にドアがついてたりした
でも大家さんはそのことにまったく触れなくておれも少しの滞在だったので借りることに↓



纏めるのが下手なゆえちょっと長いのですが

69 :毛だらけ 1/3:2010/04/08(木) 16:59:44 ID:8INQs3rG0

纏めるのが下手なゆえちょっと長いのですが
保守がてら投下します

後輩から聞いた話

後輩がまだ小さな山のふもとを拓いて建てられた高校へ通ってた頃
文化祭も間近に迫った放課後 出し物の下準備中に
小道具製作に必要な木材が不足してしまったので わざわざ買い足す必要も無かろうと
後輩は同じ教室の運動部の連中から有志を募って学校の裏手の
森の脇を通る小道(道は途中で途切れている)へ適当な太さの枝を取りに行った



俺が父方の叔父の家へ行った時に起きた話。

57 :本当にあった怖い名無し:2010/04/07(水) 20:23:22 ID:Le9gZ4dQ0

書き込みついでに話を一つ。
おととしの五月頃、俺が父方の叔父の家へ行った時に起きた話。




夏山を仲間と二人で縦走していた時のことだ。

53 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2010/04/07(水) 19:17:29 ID:IGrGF9If0

友人の話。

夏山を仲間と二人で縦走していた時のことだ。
その日は河原にテントを張り、釣った魚を夕飯にしていた。
腹も満たされてそろそろ寝ようかという頃合、人の声がした。

「入るぞ」

渋い男の声が、テントのすぐ外から掛けられた。
思わず仲間と顔を見合わせる。咄嗟に声が出ない。




ずっと入院していた義母が他界したので

725 :本当にあった怖い名無し:2010/04/09(金) 20:34:30 ID:s+FrQ3Tt0

ずっと入院していた義母が他界したので
義弟夫婦と夫の四人で義実家の整理に行った。
隣の家まで歩いて10分と言う土田舎。
電気も水道も止めて貰ってたので、色々手続きが面倒だった。



五歳の時、姉の七五三の打ち合わせに母と祖母の家に行きました。

636 :本当にあった怖い名無し:2010/04/07(水) 10:27:57 ID:yIo4Rywl0

自分の体験談。
だがまるっと覚えてなくて親から聞いた話。

五歳の時、姉の七五三の打ち合わせに母と祖母の家に行きました。
その帰り道、私がしきりに「(私)も着物が着たい」と言い始めたそうです。



彼の生まれ故郷の山村では、雪が降ると

38 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2010/04/06(火) 20:34:44 ID:qFpKRZVb0

知り合いの話。

彼の生まれ故郷の山村では、雪が降るとカマクラが沢山作られていたという。
だだっ広い境内が奥神社にあったので、そこで村の衆が思い思いにカマクラを
拵えて、中で夜遅くまで酒を飲みながら騒いでいたらしい。



自分の祖父の実家で変わった風習があったので一つ

626 :1/2:2010/04/06(火) 21:43:34 ID:Pw/kZ/nV0

自分の祖父の実家で変わった風習があったので一つ
祖父の実家では昔から林業をやってた。
山もいくつか持ってて、そのうち一つの山に子供が一人生まれると一本、
木を植えるという風習があった。



部活の帰り道、薄暗い里道を一人歩いていた。

40 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2010/04/06(火) 20:37:26 ID:qFpKRZVb0

同級生の話。

部活の帰り道、薄暗い里道を一人歩いていた。
何気なく目をやった山の斜面に、古びて苔生した石段が伸びている。



少し離れたコンビニに、ウェブマネーを買いに行った

692 :本当にあった怖い名無し:2010/03/30(火) 21:46:31 ID:gtR5mDrq0

一昨日、家から少し離れたコンビニに、ウェブマネーを買いに行った
ファ○リーマートと、セブンイ○ブン、同じくらいの距離で
1000円から1円単位で買えるファミマに向かった



地元の山で遭難者が出た。

31 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2010/04/03(土) 21:37:13 ID:Jf276H900

知り合いの話。

地元の山で遭難者が出た。
単独山に入っていて、突然の大吹雪で山を下りられなくなっらものらしい。
天候等の状況からして生存は厳しいと思われたが、二日後無事に保護された。
どうやって寒さを凌いだのか尋ねると、顔を顰めて答えたくない様子を見せる。
しつこく問い質したところ、おかしなことを言い出した。



何気ない偶然が後に必然だと気づいた事ってありますか?

551 :必然1:2010/04/02(金) 04:37:04 ID:KLR+oCQv0

必然

皆さんは何気ない偶然が後に必然だと気づいた事ってありますか?

某地方国立大学の大学院生をやっています
以前からこのスレを見ることはあったけど、
僕は文章を書くのが苦手だし正直書くか書くまいか悩んでた
人の運命ってのは偶然っていう必然性の中に囚われている様な気がしてならない
少なくとも僕達姉弟はそれぞれ変わった経験をしながら生き
僕はそれをいつも眺めているだけしかできなかった
だから何かできることは無いか考え
誰かに伝えるべきなのかもしれないという結論に至ったんだ


ドールズ 月下天使 (角川文庫)
高橋 克彦
角川書店(角川グループパブリッシング) (2011-09-23)
売り上げランキング: 25782

母親が小学生のころ体験した話。

289 :本当にあった怖い名無し:2010/04/02(金) 13:17:49 ID:ZMAAmSTd0

怖い話っていうより不思議な話かもしれん。
母親が小学生のころ体験した話。

母親には当時結構仲のいい友達(Aちゃんとしておく)がいたんだが、
夏休みのある日に、Aちゃんの家に遊びに行ったそうだ。
玄関をノックすると、Aちゃんの母親がでてきた。



良くも悪くも粗雑なのに憑かれてると言われたことがあるな。

299 :本当にあった怖い名無し:2010/04/03(土) 16:46:30 ID:wFktrd/h0

そういえば俺も昔、守護霊とはとてもいえない、
良くも悪くも粗雑なのに憑かれてると言われたことがあるな。



夕暮れ時になると不気味な物が現れるのだという。

30 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2010/04/03(土) 21:35:31 ID:Jf276H900

知り合いの話。

彼の地元の山では、夕暮れ時になると不気味な物が現れるのだという。
薄暗い山道を歩いていると、後ろからケンケンと飛び跳ねる音が近づいてくる。



非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。