日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その日は神社だかお寺を掃除する日だったんだ。

660 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/01/23(月) 16:12:32.00 ID:3/S7kx7b0

実家いた頃の話。ピンポイントの情報で特定されそうだけど、
何か周りにウケが良かったので初めてだけど、とりあえず書き込みます。

実家の部落(差別的な意味じゃないよ)では、毎月一回くらい集まって地区の道路の掃除とか酒飲んだりする日がある。
んでその日は昔から有りすぎてもう何を奉ってるかも分からない神社だかお寺を掃除する日だったんだ。
部落の爺ちゃん婆ちゃんは何故かそこには近づかないので、その息子たちの世代(俺の親父の世代)が半年に一回くらい掃除するんだ。

スポンサーサイト

私の趣味はネイチャーフォトで、よく山や海に写真を撮りに行く。

189 :本当にあった怖い名無し:2012/01/06(金) 14:23:06.63 ID:xlzG/AjD0

1週間くらい前の話。
私の趣味はネイチャーフォトで、よく山や海に写真を撮りに行く。
その日もこの時期産卵のカエルを撮影しに山に入った。
大抵20時から歩き出して0時とかには帰ってくるんだが飯食って寝落ちして
目が覚めたらすでに11時を回っていた。
雨も少し降ってるしやめようかとも思ったがあまりに暇なので準備して歩き出した。

子供の頃に変なものを見た。

62 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/01/14(土) 05:56:54.08 ID:UI2AIrGB0

二、三日かけてまとめたら、スゲー長くなってしまったんで
それでもいい人だけ読んでください。

子供の頃に変なものを見た。
遠縁で実際は血が繋がってないんだけど、親同士の仲がいいので
俺は夏休みになると毎年○家に何泊かしていた。
俺はその頃4歳くらいだった。
昼過ぎに遊び疲れて仏間の隣の部屋で寝ていると、側でポタッポタッって音がする。
で、なんかカリカリというか、ズルズルというか、何かが動いている気配がした。

後ろのおじさん

25 :本当にあった怖い名無し:2012/01/10(火) 22:20:40.51 ID:wxhZV8sW0

実体験の不思議な話しを書いてみる
これは、俺が小学三年生ぐらいの時にした体験です

それは当時 もののけ姫が公開された時で
学校の話題は、もののけ姫で持ち切りだった
そんなある日、家族でご飯を食べてたら姉が「ねぇお父さんお母さん、もののけ姫観に行きたい」と言った
なんだかんだで話しが進んで、その次の日曜日に家族全員(俺、姉、父、母)でもののけ姫を観に行くことになった

なかなか寝付けずにいた時、金縛りにあった

296 :本当にあった怖い名無し:2012/01/10(火) 07:35:20.74 ID:4wKr+jsw0

文才ゼロ&長いかもしれないけどスマン

割とすぐ金縛る体質で今でこそ何とも思わないんだけど、金縛り経験の浅かった高校生の時の話なのだが。
自室の布団でなかなか寝付けずにいた時金縛りにあったのね。
それもいままでに 経験した事ないくらいに強烈な金縛りで、

「うおぉおおいつもと違うぞぉおお…」とか思ってたら一瞬で部屋の空気が急に冷えたの。

10年以上前の話。

144 :本当にあった怖い名無し:2012/01/05(木) 01:45:45.32 ID:nxlOhTu00

10年以上前の話。
ちょうどブラックバスブームで、釣りにハマってた頃
友達が新車を買ったから、それで釣りにいこうって、誘ってきたんだ。

確かインプレッサのWRX。
スポーツカーも流行ってたからw


どうもそこのドアスコープが気になっていた頃があった

221 名前:本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2012/01/16(月) 21:25:02.13 ID:5SnJnbtI0

8年前くらいの話

当時アパートに住んでいてそこに住み始めて長かったんだけど
どうもそこのドアスコープが気になっていた頃があった
きっかけは私が玄関の掃除をしているとき
なぜか見られているような妙な感じがしてキョロキョロしていて
ふっとドアスコープを覗いたらシーツか何かをかぶった人がいた
びっくりして目を離してしばらくそこを覗けなかった

実習が始まって三日目くらい、変な医者が居るのを見た。

546 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/01/20(金) 03:58:33.53 ID:0i4Ky2A30

二年前に関西某所の病院で学生の病院実習していた時の話。
実習っても学生は特にやる事も出来る事も無いんで白衣着て
入院患者さんと話して診察もどきしてプレゼンを書く、
その他はほぼ指導員の先生の後ろをついて歩くだけ。

実習が始まって三日目くらい、そうやって
先生の後ろについて歩いていると、変な医者が居るのを見た。

ばーちゃんちの近所

111 :本当にあった怖い名無し:2012/01/09(月) 19:59:26.84 ID:8ahVvrgY0

うちのばーちゃんちの近所に昼間からいつも酔っ払ってるおじさんがいた。
そのおじさん、いろんな場所を徘徊する癖?があって、目が会ったら絡んで来るわ、持ってた鎌で威嚇するわ、
普段からそんな感じだったから近所の人どころかその人の兄弟すら相手にしていない有様だった。

ある海辺の別荘の手直しに行った時の事。

105 :本当にあった怖い名無し:2012/01/07(土) 19:26:54.22 ID:NSVUjlOh0

少しだけ。
ある海辺の別荘の手直しに行った時の事。
そこは前オーナーが2階から1階の吹き抜けから首吊りした。

非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。