日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

畑の隅のボロ屋

684 名前:本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2012/02/14(火) 14:41:21.67 ID:J4DiZIT90

小1の春休み、初めて徳島の親戚の家に遊びに行った時の話。
畑の隅に、戸口も窓もはずされたボロ屋があり、私は好奇心につられてその家にあがりこんだ。
玄関脇の三畳間には、畳一面にどす黒いものが染みついており、
壁や柱にもべたべた赤黒い手形や指の跡がついている。
スポンサーサイト

俺が物心ついた時から我が家には黒猫がいた。

841 名前:黒猫1/3[sage] 投稿日:2012/02/17(金) 16:43:26.20 ID:cmJ5xHrv0

30年近く前…思えば俺が物心ついた時から我が家には黒猫がいた。
すでに成猫で、目の色はゴールドというか、どこにでもいる黒猫。
メスで、尻尾が長く、歩くときはそれを立てて優雅に振っていた。
俺が小学校から戻るといつも玄関先にいる。おかえり、のつもり(?)
なのかニャ~と短く鳴いて俺の顔を見上げてた。

とある老朽化した雑居ビル

47 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/02/15(水) 01:41:01.84 ID:6D08wbBl0 [1/2]

とある老朽化した雑居ビルの6階に当時勤めていた会社があった。
昼間でも暗いその会社の中でも、特にエレベーターの痛みがひどく、貨物と人が共用で利用するため、あちこちが擦り切れ、独特の匂いが立ちこめていた。
仕事の納期が迫り、終電近くまで残業する日が増えていたある日のこと、
コンビニで夜食を購入してオフィスに戻るためエレベーターを待っていると、開いたカゴの中に一人のお年寄りが立っていた。
それも奥の隅にいて、入り口に背を向け、俯くように立っている。
その老人を見た瞬間、電気が走ったように痺れたかと思うと、起きているにも関わらず金縛りにあってしまった。

成仏できない

98 名前:名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/02/25(土) 01:59:59.22 ID:E1uRav4c0
高校時代の友人(霊感あり)から聞いた話

良く交通事故(車に轢かれて即死等)とかで亡くなった人は自分が「死んだ」って自覚が無くて
成仏できないままこの世をさまよってたりする場合が結構あるらしい

戦時中に作られた広大な研究室

632 名前:その1[sage] 投稿日:2012/02/11(土) 16:11:17.58 ID:rWmET4HlP [1/5]

オカルトでも不可解でもないですが、興味深い経験を。

私の通っていた大学は、それなりに歴史のある某国立大学でした。
どの大学にもある話かもしれないですが、
大学の地下に、戦時中に作られた広大な研究室?があるとかないとか、
そのような噂がありました。

話しは私が大学2年のとき、委員会活動の一環で、ある建物の管理を数日間任されたことに始まります。
その建物のほぼ全ての鍵を渡されていた私たち4人は、
真夜中の見回りの際に、妙なテンションも手伝って地下空間探しをしようということになりました。

非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。