FC2ブログ

日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

爆弾

101 :底名無し沼さん:2006/11/15(水) 17:05:24

戦後すぐくらいのころ山奥にこもって炭を焼いていた爺さんの話で
ある晩、背広を着た山には相応しくないかっこうの男が現れたそうだ。
男は腹が減っているのでなんでもいいから食わせてほしいと言う。
爺さんは冷や飯と漬け物をわけてやり、一息つくと今度は眠らせてくれと言う。
こころよくく小屋のなかで休ませ、爺さんが外に出てたばこを一服していると、
轟音とともに体ごと飛ばされて気を失ってしまった。
気がつくと明け方になっていて小屋は木っ端みじんになっていたそうだ。
爺さんはやっとの思いで山をおり、事の次第を伝えると捜査になった。
小屋の焼け跡からは男の遺骸が四散した状態で発見されたそうだ。
警察は詳しいことはほとんど教えてくれず、新聞にさえ掲載されないまま
事件は終わってしまったそうだ。
爺さんはそれがもとで炭焼きをやめてしまったが数年後に偶然この事件の
意外な事実を知ったらしい。


103 :底名無し沼さん:2006/11/18(土) 21:33:57

>>101それからそれから?

104 :底名無し沼さん:2006/11/18(土) 22:09:44

>>101
意外な事実ってなんなんだよう

106 :底名無し沼さん:2006/11/20(月) 17:56:01

気になるw
面白いオチをお願いします。



107 :底名無し沼さん:2006/11/24(金) 01:07:11

実は男はボンバーマンで、誤ってバクダンを小屋の入り口に置いてしまったのだ。
直ぐに過ちに気づいた男はそこから逃れようともがいたが、結局出るに出られずに
爆死してしまった。
すり抜けのアイテムを取ってなかったために起こってしまった悲しい事件である。
関連エントリー
Loading


この記事へのコメント

背広を着たボンバーマン
彼にも家族があったのです

2007年07月26日木 URL #- /編集

ボンバーマンで吹いた。

2007年07月29日日 URL アール・アール #- /編集

そんな悲しい事件ってあり?www

2007年11月01日木 URL #- /編集

これはつまらん

2008年05月31日土 URL #- /編集

コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)