日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャイム

459 :本当にあった怖い名無し:2007/07/25(水) 18:13:13 ID:ni6G+NvZ0

怖いというか、未だに謎な話

小学校3年のときに3時間目の授業を受けてるときにチャイムが鳴ったから
ああ授業が終わったなと思って時計を見たらまだ後10分くらい残ってて、
あれ終わってないじゃんって思ってよく聞いたらチャイムがいつもとちょっと違ってたことがあった。

なんかテンポが遅くてキーも低くてメロディーも微妙に違ってるのが気持ち悪かった
とくにキンコンカンコンの最後のコンの部分が完全に不協和音で強烈に違和感があったから
いつものチャイムが機械の故障で遅回しになったとかいう単純なものではないなってのはわかった。

クラスのみんなも何これ気持ち悪いって騒ぎ出したんだが、先生が一番あせっていて
チャイムを聴くや否やものすごい剣幕で廊下に飛び出した。廊下には他クラスのの先生も
同じように集まっていてかなりテンパッた感じで何か話していた。内容は聞こえなかった。

そのうち学年主任の先生が来て教師全員を放送室に集合させるように言った後
みんなものすごい勢いで放送室に集まっていくのが窓越しに見えた。

その後の4時間目も先生は来なくて自動的に自習(全学年が)になったわけだけど
またたく間に「さっきのはおばけチャイムだ」という話が広まった。

昼が過ぎて5時間目は普通に先生がきて授業をしたけど
そのチャイムのことは一切言及しなかった。
こっちからきいても適当にはぐらかす感じがいかにも怪しいと子供心に感じたけど
この話はここまで。あれから20年経った今でもあれがなんだったのが全くわからん
関連エントリー
Loading


この記事へのコメント

昔、うちの兄貴とおばあちゃんも、あたしが生まれる前に、自宅のピンポンで同じ事あったらしいよ
やっぱりキーのテンポと音が普通よりスローで低い音だったとか

2007年07月27日金 URL メルコ #- /編集

放送室に、チャイムを鳴らす機械があって
テープで流さない学校は
実際に機械が鍵盤を順番にごんごん叩いて逝くんだよ
それが何かの拍子に壊れた(10分早かった)

手動でやったらいまいちうまく叩けない(不協和音)
こんなところだろう。
と思った。

2007年07月27日金 URL #- /編集

いじめられっこの少女が

二時間目の長い休み時間の間に
放送室にマイクのコードで体を縛られ
部屋に閉じ込められてしまった

彼女は必死になって部屋中を見渡したが
子供だったので放送の仕方がわからない

3時間目が終わるころ、突然チャイムが鳴り出し
その存在に気づいた少女はその機械をあけ
マイクに向かって助けを呼ぶことにした

しかし立ち上がり、チャイムの機械の扉を
空けようとした瞬間
絡まったコードが少女の足を引っ掛け
チャイムに頭をぶつける

少女から流れる大量の血
壊れた機械が、不協和音を鳴らしながら
少女の死を告げる。

2007年07月27日金 URL #- /編集

先生の焦り方が異常

2007年07月29日日 URL #- /編集

俺の小学校でも一回あったな。

その時担任に聞いた話だけど
町で大きな犯罪が起きて
その犯人が学校の方に逃げたって警察から連絡あったらしく
教師を集めるためのチャイムなんだって。

こういう時体育館に移動しないのかなぁって思ったけど
犯人のことに気づいてるって刺激しないために
動くのは教師だけらしい。

あ、でも体育のクラスは教室に戻ってきてたわw

あくまでも俺が通ってた小学校の話ね。

2011年02月09日水 URL #- /編集

コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。