FC2ブログ

日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

20メートル

59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/05(日) 14:39:29.86 ID:ndokmkRC0

自分が教習中におばちゃんが運転する対向車が少年と少女を跳ねた。
少年は俺の運転する車の前に吹っ飛んできたが
少女はおばちゃんの車の下に巻き込まれた。

すぐブレーキ踏めば良いのに、おばちゃんの車は20メートル位進んで止まった。
助手席の教官は携帯で救急車を呼ぶように指示して少女の救助へ走った。
漏れは動転しながらも救急車を要請して、少年少女助けに行ったが
少女は体を完璧に挟まった状況で車をひっくり返さないと無理な状況だった。
道路はダイコン下ろしで削られた血と肉と髪の毛が20メートル続いていて
これはもうだめかもわからんね。と思った。

数人で車をひっくり返すと手足が変な方向へ曲がったパペット人形みたいな
女の子が血だらけで横たわっていて頭蓋骨とホホの骨が露出していて
右目とまぶたが無くなっていた。その場で数人が下呂を吐いてて漏れも何度も戻した。

女の子はまだ息があり、まもなく救急車に乗せられ病院へ連れていかれてた。
引いたおばちゃんは「私じゃない私は悪くないのよ、子供が飛び出して来たのが悪いのよ!」
と救急隊員と救助してる人に何度も訴えてたのが印象的だった。つい半月前の話。
関連エントリー
Loading


この記事へのコメント

幽霊より人間の方が怖い

2007年08月05日日 URL #- /編集

ばばぁ…むかつくブ~~

2007年08月05日日 URL ブー太郎 #- /編集

いろいろ、
あったんだね。

2007年08月06日月 URL アルゴキドマー #- /編集

少年は?

2007年08月06日月 URL #- /編集

俺達も年取ると偏屈になっていくんだろうな……嫌だな……

2007年08月06日月 URL #- /編集

なんかこの話おかしくない?

2007年08月13日月 URL #- /編集

おかしいよ みんな素直なんだな~

2007年08月14日火 URL #- /編集

教習車って、教官側(助手席)にもブレーキが着いてるよね確か。ババーの判断が云々の前に教官がブレーキ踏むっての。

2007年08月26日日 URL #- /編集


教習中に、反対車線を走っていた車が、子供を跳ねたのを見た、って話だよ。
1行目を良く読めば、解るよ。

59=教習中。
子供を跳ねたおばちゃん=対向車の運転手。

2007年08月27日月 URL     #afXvPe0k /編集

幽霊関係のは作り話として一笑に付すことも出来るけど
こういうのは実際あり得るから怖い。

2007年08月29日水 URL #- /編集

人間、追い込まれたら自分を守るのに必死で、他人が見えなくなると思う。

2007年10月13日土 URL #- /編集

結果自分のためになんの躊躇もなく他人を犠牲にする。

2007年11月01日木 URL #- /編集

これが人間の真実か!

2007年12月25日火 URL #- /編集

少年忘れられてる?

2008年01月28日月 URL #- /編集

兄の友人が目撃した話。

青信号で横断歩道を渡っていた女子高生がオバサンの運転していた車に当てられた。
オバサンは女子高生に「何やってるのー?何やってるのー?」と自分が被害者みたいな言い様。
兄の友人やその他の目撃者はオバサンの信号無視である事を駆けつけた警察に話す。
警察はオバサンに話を聞くからパトカーに乗って下さいと言う。
オバサンは「私は悪くない」と繰り返し拒否。
そのうちイラついた警官に「いいから早く乗れバカタレ」と叩かれパトカーに乗せられたそうな。
女子高生はたいした怪我ではなかったらしい。

オバサンドライバーは身勝手だぜ!!
という話でした。

2010年04月29日木 URL #r1y2oiqA /編集

コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)