日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自作自演

352 :本当にあった怖い名無し:2007/08/11(土) 20:39:35 ID:XuPwrqnW0

「お父さん、おかゆができましたよ」
ああ、母さん、すまんな。食えんのじゃ。
「風邪でもひいた?もう歳なんだから体に気をつけないと…」
すまんな母さん。母さんには長いこと苦労をかけたなあ。
「いやですよお父さん。お互い様でしょ。元気になってくれないと
あたしが寝込んだ時に困りますよ」
うん。そうなんじゃが…。おうそうそう、さっき娘を呼んでおいた。
「あら、先週会ったばかりですのに。あんまり呼びつけてばかりでは
迷惑ですよ。あの子達にも生活があるんですから」
いいんじゃよ。今度ばかりは。
「…?あら、誰か来たわ。…あらあら、いらっしゃい。今ちょうどあなたの話を。
お父さんが風邪で寝込んで。え?臭い?さあ…わたしは別に…どうしたの?
そんなにあわてて」
関連エントリー
Loading


この記事へのコメント

じ~さんのセリフに「」がない⇒死んでるって事か
なかなか面白いな

2007年08月12日日 URL #- /編集

リアルにありそう

2007年08月12日日 URL #- /編集

娘を呼んでおいたって、
どうやって呼んだんだ?

2007年08月12日日 URL #38q3EPAk /編集

↑夢枕って手があるじゃまいか!

2007年08月12日日 URL #- /編集

それだけだとタイトルの「自作自演」が判らない。
それに「先週会った」時は生きてたんだから最長死後1週間。
それで臭うほどになるんだろうか?

2007年08月13日月 URL #- /編集

季節にもよるけど十分匂う
あと、嫁さんが二役してたらタイトルも納得いくかな?今度は「」の有無が問題になるけど

2007年08月13日月 URL   #- /編集

最近の記事で認知症のばあちゃんがじいちゃん死んだのに一週間きづかなかったてのがあったのを思い出した。

2007年08月13日月 URL #- /編集

会話が成り立ってるということを考えると、
お母さんは死んだお父さんを看護しながら、無意識のうちに病気のお父さんを演じてたのかな?

お父さんを演じてる自分は状況を理解してて、娘に電話することで看護してる自分に伝えようとしてる。

2007年08月17日金 URL #- /編集

ドッピオ君だったんだな

2007年10月01日月 URL #- /編集

まるで落語ですね

2009年02月26日木 URL 京極堂 #- /編集

コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。