日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誰が降りたの?

30 :本当にあった怖い名無し:2007/07/01(日) 15:52:25 ID:YWr4MMNk0

昨年のお盆休み明け、夜10時くらいか。帰宅のためバスに乗ってた。
俺の家は終着に近い所だから、だんだん車内にも人がいなくなってね。

「A橋」って停留所があってね。ここから少し歩くと、山の上に霊園がある。
でも反対側が新興住宅地になってるから、結構ここで降りる人いるんだ。

案の定「次は~A橋」ってアナウンスの直後に「ピンポーン」と。
で、その停留所に止まる。後ろの降車ドアが開いてしばらくの沈黙。

すると運転手が確かめるように車内を振り返り、俺に向かってこう言うんだ。
「あの~、降りないんですか?」
関連エントリー
Loading


この記事へのコメント

その男が
幽霊ってこと??
なんで
見えるん
みたいな?

2007年09月15日土 URL ぴ #- /編集

あ,違うな
誰がおりたんや
ってまんまか笑

2007年09月15日土 URL ぴ #- /編集

自分しかいないのに誰がピンポン押したんや?ってことかな?

2007年12月03日月 URL #EVikbUfY /編集

この人の他にもう一人居て、その人が押したって
こと?

2008年01月30日水 URL S #- /編集

コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。