日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨウコウ

7 :おさかなくわえた名無しさん:2007/08/19(日) 12:34:47 ID:kGBnL4ae

オレのじいちゃんは猟師なんだけど、昔そのじいちゃんについてって体験した実話。
田舎のじいちゃんの所に遊びに行くとじいちゃんは必ずオレを猟につれてってくれた。
本命は猪なんだけど、タヌキや鳥(名前覚えてない)も撃ってた。
その日もじいちゃんは鉄砲を肩に背負って、オレと山道を歩きながら、
「今日はうんまいボタン鍋くわしちゃるからの!」
と言っていた(実際撃ったばかりの猪は食わないが)。
そのうち、何か動物がいるような物音がした。ガサガサって感じで。
オレは危ないからすぐじいちゃんの後ろに隠れるように言われてて
すぐじいちゃんの後ろに回って見てたんだけど、じいちゃんは一向に撃つ気配がない。
いつもならオレを放っておくくらいの勢いで
「待てー!」
と行ってしまうのだが、鉄砲を中途半端に構えて固まってしまっている。
オレはそのころは背が低くて茂みの向こうにいる動物であろうものはよく見えなかった。

オレは気になってじいちゃんに
「何?猪?タヌキ?」
って聞いた。
しかし、じいちゃんはしばらく黙っていて、茂みの向こうをじっ…と見ていた。
「あれは…」
とじいちゃんが口を開いた瞬間、急に茂みがガサガサと音を立てた。
「やめれ!」
と言い放ち、じいちゃんはその茂みに一発発砲した。
そしてオレを抱えて猛ダッシュで逃げ出した。


9 :おさかなくわえた名無しさん:2007/08/19(日) 12:56:57 ID:kGBnL4ae

オレは何がなんだかわからずひたすら怖くて今にも泣きそうになっていたが
じいちゃんが撃ったのはなんなのか気になり後ろを振り返った。
すると遠めに毛のない赤い猿のような動物がこちらに向かって走っている。
じいちゃんはオレをかかえて走りながらも鉄砲に必死で弾を込めていた。
弾を込め終わるとじいちゃんはオレをかかえたまま振り向きざまに発砲した。
すぐとなりで発砲されたので、オレは耳が「キーン」ってなって、いろんな音が遠く聞こえた。
じいちゃんは走りながらまた新しい弾を込めている。オレは怖くてもう振り返ることはできなかった。
後ろで
「ケタタタタタタ!ケタタタタタタタ!」
というその動物の鳴き声らしい声が聞こえ、じいちゃんが小声で
「助けてくれ…助けてくれ…この子だけでも…」
とつぶやいていた。

山をおりきってもじいちゃんはとまらなかった。オレを抱えてひたすら家まで走った。
家につくなり、じいちゃんはばあちゃんに
「ヨウコウじゃ!!」
と叫んだ。
ばあちゃんは真っ青な顔で台所にとんでいき、塩と酒をもってきて
オレとじいちゃんにまるで力士が塩をまくように塩をかけ、優勝した球団がビールかけやってるみたいに酒をあたまからあびせた。
その後、それについてじいちゃんもばあちゃんも何も話してくれなかった。

間もなくしてじいちゃんは亡くなってしまい、その時ばあちゃんがオレに「ヨウコウ」について話してくれた。

「●●ちゃん(オレ)が見たのはのー、あれはいわば山の神さんなんよ。
わしらにとってええ神さんじゃないがの。じいちゃんはあんたのかわりに死んだんじゃ。お前は頼むから幸せに生きておくれよ。」

じいちゃんが死んでから、ばあちゃんも後をおうように亡くなってしまい、オレは20代後半でピンピンしている。
オレが見たのは村で言い伝えられる妖怪の類いだったのかもしれないけど、今でも親戚の人にこの話をするとしかめっつらをされる。
福井県の某村の話。


黒い家 (角川ホラー文庫)
貴志 祐介
角川書店
売り上げランキング: 2735

関連エントリー
Loading


この記事へのコメント

ほへ~。 神様ですか!

2007年08月19日日 URL #- /編集

神ではなく、妖怪の類では。

2007年08月19日日 URL アール・アール #- /編集

神様に発砲して良いのか?

2007年08月19日日 URL #- /編集

チョッチュね~

2007年08月20日月 URL   #- /編集

人間にとっては良くない神様って書いてあるじゃん。いろんな神様がいるんだよ

2007年08月20日月 URL #- /編集

不謹慎な意味ではなく、『面白いよね。人に幸をもたらす以外の神が日本には多い』と無くなった祖母が言っていた。

2007年08月20日月 URL 名無し!! #- /編集

良い話だのー。
日本人は、こういう自然を畏れる話を忘れちゃダメだね。

2007年08月20日月 URL #- /編集

そんな出会っただけで殺されてしまうような怖ろしい神様がいる山に孫連れて行っちゃ駄目なんじゃないの?

2007年08月23日木 URL 名無しさん #.Cl3whTg /編集

変なコメント書いてる奴って日本人じゃないのかな?
八百万の神ってもんを知らないのか。
神社の存在理由とか。
日本人としての何かが欠けているように思えてならない。

2007年08月27日月 URL 名無しさん #- /編集

山でのこうした話は、いままでにも聞いたことがある。私はもう50を超えたけど、山はやっぱり怖い。

2007年08月28日火 URL #- /編集

八百万の紙、いやっ失礼、神って…そんなにムキになりくても。

2007年08月28日火 URL #- /編集

もうすでに神ぢゃなくね?妖怪だろ。

2007年09月02日日 URL 癖 #- /編集

日本に於いては神と妖怪は紙一重。
てゆーかほぼ同じ物。

2007年09月02日日 URL #- /編集

神と妖怪は全然違うっつーの。
知ったかぶりすんな。

2007年09月18日火 URL   #- /編集

オイ、鬼太郎!

なんですか?とーさん。

ワシラは神じゃったのかのぅ…?

何言ってんですか?妖怪にきまってるじゃないですか。

貧乏神はどっちかのう?

・・・・・

2007年09月19日水 URL #- /編集

神とか妖怪とかwww

2007年10月07日日 URL 名無しさん #- /編集

サイレントヒル3の神様も同じようなことするよ

2007年10月13日土 URL #- /編集

ばあちゃんが子供に分かりやすく説明するために神様っていう言葉使っただけじゃん
知ったかも何もないだろう

2007年10月29日月 URL #- /編集

神は神でもタタリ神とかね
山の神様だから猿(といっても毛はないみたいだが)の姿をしてたのかも

日本の神様はよくも悪くも完全な善性じゃないからねぇ

2007年10月31日水 URL #- /編集

というか日本神様多すぎw七福神とか7神ワンセットってどんだけぇ~

2007年11月01日木 URL #- /編集

死神は?

2007年12月25日火 URL #- /編集

|ω´・;)ス、スゴイ・・・。
私福井県に在住してますが一度も聞いた事無いけど
本当だったらマジ怖いわぁ。。
元々福井の山は怖くて入れないのだけど、そういうのが関係してるのかしら( ̄ω ̄;)ンーー

2008年02月14日木 URL #- /編集

神と妖怪は紙一重ですよ
人間でも体の一部が多かったり少なかったりすると神か妖怪って言われるんだお
ググれおwww

2008年04月30日水 URL VIPPERな名無しさん #bxvF113M /編集

ヨウコウだかヨウユウだかも妖怪とか神とかに分類するのではなくヨウコウはヨウコウなんだよ。人間がまだわからないものだから神とか妖怪とかしか、いいようがないから言い合ってるのかもしれないけど‥

2008年05月14日水 URL #- /編集

神と妖怪の違いもわからんやつはこの話が理解できんだろうな

2008年06月11日水 URL #- /編集

でったあ、えばちゃってるよ、この人。
神と妖怪の違いなんてこの場合あんまり大きな問題じゃないだろ、子供にわかる様に説明しているわけなんだから。
話の通じないやつだな、まったく。
話の一部をとってきてさもそれが全てみたいなことを言ったって説得力ねーよ。
宣伝屋が一番よくやる手だもんな。

2009年04月10日金 URL こめお #eqGBftGg /編集

やまのかみ:シンニュウシャアリ
ハイジョセヨ!ハイジョセヨ!!

2009年05月23日土 URL #oyV.6EWY /編集

神、ていう概念は人がその力の強大さを恐れてつけた物で、多分内質的に神も妖怪も大した差異ではないのかもしれません。あくまで呼び方の違いだと思います。

2010年07月26日月 URL #- /編集

コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。