日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

右手見ませんでしたか

16 :名無しバサー:2007/08/28(火) 20:38:40

去年の夏から秋に変わるくらいの頃だった
その日は日曜日で、朝からたまっていた仕事を続け、気付けば夕食時
「今日は釣りに行きたかったのに」と外を見るときれいな満月
時計は9時に差し掛かるくらい
「こりゃいいや」とベイト1本に小さなボックス1つで近くの人工湖へ。それが悪夢の始まりだった・・・


釣り場にはもちろん電灯などは無かったが、月明かりで困るほど暗くはない
家を出たときは気持ちの良い涼しい風が吹いていたのに、釣り場は風も無く
生暖かさすら感じるほどだった
「気持ち悪いな」と思ったが、どうしても釣りがしたくて釣り場に立った
1時間くらいだったか、45を1本、30ほどを3本となかなかの釣果、そんなときだった
「釣れますか?」背後から低い声がした
何の気配も無く、物音ひとつさせずに人の声がする
とても驚いたし、怖かったので振り返らずに「つ、釣れますよ」と答えた
「そうですか・・・ところで・・・」と言葉が発された次の瞬間
ロッドを持ち立ったまま金縛りに しかし頭だけは妙に冴えている
「この辺で、右手見ませんでしたか?」今度は真後ろから声が
わめき叫びたくとも声が出ない。「そう、ちょうどこんな感じの太い腕・・・」
といって何かが右手をつかんだ、そのとき「うわぁー!」金縛りがとけ声が出た
とたんにその場に座り込み10分そこらその場から動けなかった
ふとわれに返り、車まで一目散に走り家に帰った
家に帰り私の顔を見た家族が「どうしたの?」と言った次の瞬間妻が「きゃーっ」
右腕を指しながらガタガタ震えている 見るとはっきりと手でつかまれた後が
しかもそれは1つではなく3、4つも・・・そして急に激痛が
・・・次の日手にあざは無かったが 車に行ってみて血の気が引いた
人の手形が車中にびっしりとつけられている その日は仕事を休み家で過ごすことに
結局それからは何も無くその後もその池には普通に釣りに行っている
みなさんも夜釣りには十分気をつけられてください


DEMENTIUM 閉鎖病棟
DEMENTIUM 閉鎖病棟
posted with amazlet at 12.02.18
インターチャネル・ホロン (2008-06-26)
売り上げランキング: 7473


関連エントリー
Loading


この記事へのコメント

たまにはこう言うスタンダードなのもいいな

2007年08月30日木 URL VIPPERな名無しさん #- /編集

幽霊はしゃべれても会話はできない。

2007年08月31日金 URL #- /編集

その池でまだ釣りを続けてるんだww

2007年08月31日金 URL #MhPUe52c /編集

今度あったら手形だけじゃあすまされないよ。右手がほしいんだから…。右からきたら左に受け流してほしい。

2007年08月31日金 URL #- /編集

右手に掴まれた跡を見てきゃーはないわ

2007年08月31日金 URL #- /編集

まだその池で釣りを続けられる強かさがあれば、なんの問題もないねw

2007年08月31日金 URL #- /編集

「左手ならありましたよ」
「え!?」

2007年08月31日金 URL #- /編集

よくその池でつり続けれるよネ・・・

2007年08月31日金 URL #- /編集

シンイチ・・

2007年08月31日金 URL #- /編集

妻は間違ってるよね。そこは、やっぱ「グギェー!」って悲鳴あげなきゃ。

2007年08月31日金 URL #- /編集

何故かハイウェイスターを連想した俺は末期

2007年09月09日日 URL #tHX44QXM /編集

いや~んギラン

2007年09月14日金 URL #- /編集

ってかまだその池で・・・

2007年12月22日土 URL #- /編集

コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。