日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大編隊が

74 :本当にあった怖い名無し:2007/09/12(水) 19:47:35 ID:A9rQSkji0

何年か前、仕事の関係でマレー方面へ行った時の話しだ
その日、仕事も一段落し、近くにある大きな公園で一休みしていた
公園と言っても遊具は無く、ただ異常に広い(東京ドームくらい)原っぱが広がっているだけだ
ベンチに座り、地元のガイドと談笑していた時にそれは起きた


遠くの方で、かすかに、しかし確実にセスナ機が飛ぶようなエンジン音が聞こえて来る
しかし1機や2機といった数ではない
やがて、「それ」は姿を現した
軽く50機はあるプロペラ機の大編隊が、向こうの森から姿を現した
しかし日光の影響でシルエットしか分からず、飛行機がどのような種類の物かは分からない
ただ唯一分かるのは、左右の翼にエンジンが一つずつ付いている双発機だということだ
身動きどころか喋ることも出来ず、私は黙って「それ」を見つめていた
やがて、それぞれの飛行機から人が飛び降り始めた
合わせて数百人もいただろうか…  そして、シュルシュルと落下傘が開いて着地した
その瞬間である「バンザァァイ!」という歓声と共に自分の方に全ての人影が向かってきた
何がなんだか分からないまま、私はベンチの下に慌てて隠れた
途端に、鼓膜が破れるかとばかりに聞こえていた歓声がぴたりと止んだ
顔を上げてみたが、あの飛行機も、数百の人影も綺麗に消えていた
ガイドは「よくある事だ」とぽつりと漏らした
以前に、あそこで何があったかは私は何も知らない


RULE of ROSE
RULE of ROSE
posted with amazlet at 12.02.18
ソニー・コンピュータエンタテインメント (2006-01-19)
売り上げランキング: 3712

関連エントリー
Loading


この記事へのコメント

米1ゲッツ!!!!!!

2007年09月12日水 URL #- /編集

狙ってても米1はナカナカだよね。ヨカタネ!!

2007年09月12日水 URL #- /編集

わーっ!空から大変態が~!

2007年09月12日水 URL #- /編集

マレー方面ってどこ?

2007年09月13日木 URL #.Cl3whTg /編集

オフ会でもやってたんじゃね?

2007年09月13日木 URL #- /編集

日本語達者なマレー人だな。

2007年09月13日木 URL #- /編集

マレーって東南アジアだよね
なんで「バンザァァイ!」って日本語で呼んでんだよwww

2007年09月13日木 URL #- /編集

ゼロ戦なんじゃないの?日本兵なんじゃあないの?

2007年09月13日木 URL #- /編集

双発機だからゼロ戦ではない
※7は、どこかで見たようなw
今度は構ってやらんよwww

2007年09月13日木 URL #- /編集

よくあることなんだ

2007年09月13日木 URL #- /編集

双発機は輸送機型の九六式陸攻ではないかな。


マレー半島では落下傘降下作戦は実施されていない。だから落下傘部隊の霊が現れるのは珍奇すぎる。
インドネシアのパレンバン当たりでの出来事だったら信憑性はあるかもしれない。しかし、日本のパレンバン落下傘降下作戦は成功裏に終わり、被害もほとんど出ていない。だから、こっちでも落下傘兵の英霊が、大規模に出るのはおかしい。

2007年09月13日木 URL #- /編集

ワタシは子どもの頃、「落下傘」の「傘」は敬称の「さん」だと思ってたんだぁ~

2007年09月13日木 URL #- /編集

米7、北アルプスの米のあの人か?www

バンザイ突撃が日常たぁすげぇ場所だな

2007年09月13日木 URL #- /編集

ガイド「天気のいい日だと一日に二回は見れますね。」

2007年09月16日日 URL #- /編集

ガイド「悪天候により中止の場合があります。」

2007年10月31日水 URL #- /編集

コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。