日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沼のほとりで

24 :本当にあった怖い名無し:2007/09/30(日) 02:35:56 ID:W8SMWax3O

おれと竹田はちょっとした沼のほとりにいた。あたりはやけに静かだ。
修学旅行の自由行動の時間、おたがいに自分の班から抜け出して適当にぶらついてたら、
いつのまにかこんなところに来てしまったのだ。

さざめく沼の水面を見ながら、おれはタバコに火をつけた。深く吸い込み煙を吐き出す。
ふと隣りの竹田に目をやると、青ざめた表情でおれの指先のタバコを食い入るように見つめている。
「どした?」おれは竹田に声をかけた。
「……なあ、そのタバコ」
「ん?」
「味がしないだろ」竹田は切羽詰まった声で言う。
「なんだって?」
「するわけないよな。そもそも、タバコなんか吸ったことないおまえに、味がイメージできるわけないよな」
竹田が何を言いたいのかさっぱり見えてこない。……そう言えば、このタバコはいつ買ったんだっけ。
思い出そうとしてみるが、なぜだか頭がうまく働かない。
「なあ、そろそろ戻ろうぜ」おれは急に不安になり促した。少し寒気がする。
「タバコどうした?」それには答えず、責めるような強い口調で竹田が聞く。
「何が?」
「さっきまで吸ってたタバコだよ。指先にはさんでただろ。どこに消えたんだよ」
「さあ、どっかそのへんに投げ捨てたんだろ。何をそんなに怒ってるんだよ、竹田」
「おれは認めないぞ……こんなの。いいか、いまでもおれは完全否定派だからな」
「だから、何の話だよ」
「あそこを見ろよ。そして、何も見えないと言ってくれ。お願いだから」竹田は沼の真ん中あたりを指差した。
おれは目をこらした。水面下から黒いタイヤの表面が突き出しているのが見えた。



SAW II: Flesh & Blood(輸入版:北米・アジア)
Konami(World) (2010-10-21)
売り上げランキング: 1682

関連エントリー
Loading


この記事へのコメント

ホント御免。眠たいからかな、ちょっと意味が今ひとつ理解できない誰か教えて

2007年10月08日月 URL #- /編集

奇遇だね。
俺も理解できないんだ。

2007年10月08日月 URL #MByLbG9. /編集

おいら頭悪いのかな・・・?
理解できない
だれか助けて

2007年10月08日月 URL #- /編集

駄目だ
僕には読解力が足りね

2007年10月08日月 URL #- /編集

えっ…と…
管理人さん、タップです。

2007年10月09日火 URL #- /編集

みんな、本当に寝ぼけてんだね!俺が説明してやるよ! んっ!無理!これ、意味わかる人いるんかなー??いるなら教えて下さい、

2007年10月09日火 URL #- /編集

事故で死んで骨かなんかを吸ってたんじゃね?

2007年10月09日火 URL   #- /編集

沼に沈んでるのはもしかしてコイツらの乗っていた修学旅行のバスじゃね?

2007年10月09日火 URL #- /編集

そうだよ。
竹田だけが生き残ってるんだよね。「おれ」も死んでるんだけど、気づいてない。だから、生前、煙草吸ったことないのに霊体になった今、吸ってみても味のイメージできないだろって・・・きっと真面目で吸ったことなかったけど、ずっと吸ってみたかったんだね。


って思ったけどどーかな?

2007年10月09日火 URL #- /編集

それで正解でしょ。

この話いいわ~

2007年10月09日火 URL #- /編集

つまり竹田は生前幽霊なんか信じてなかったんだよ。
でも実際死んでることに気がついているんだが信じたくない。で「おれ」は死んだ事にすら気がついてない。
ってかんじでおk?

2007年10月09日火 URL #- /編集

安っぽい小説みたいな文章だな。

2007年10月09日火 URL #- /編集

キーワードが少ないから、どうとでもとれる文章。米9も米11も、どっちも正解でいいんじゃね?
あと考えられる可能性は二人共生きてるパターンだな。
沼の側を通りかかった俺に、生前タバコが好きで沼に車ごと突っ込み溺死した霊が憑衣した。
これだって間違いじゃないだろ?
読み手の判断でそれぞれ解釈が違っていいと思う。

2007年10月09日火 URL #- /編集

>「おれは認めないぞ……こんなの。いいか、いまでもおれは完全否定派だからな」
つまり自分が死んだことを未だに信じられないんだな。
でも何でタバコなんだろ。
吸ったこともないんならこんな行動は取れないはず。

2007年10月09日火 URL 名無し #- /編集

つまり車が後ろからつっこんできて
おれ、あるいは両方引かれて車ごと沼に沈んだのに
おれがそこにいたんだろう

2007年10月09日火 URL #- /編集

この文章力…。あまりにアホ過ぎ。

2007年10月09日火 URL #- /編集

・・・イミゎからん

2007年10月09日火 URL #- /編集

 文才がないな・・・

台詞回しと、言葉を発する人、言葉を受ける人が明確じゃないから、こんがらがって、ただでさえ解りづらい描写が更に腐っている。

2007年11月15日木 URL #- /編集

未成年は、タバコをすっちゃいけないよ
わいも完全否定

2007年11月17日土 URL #- /編集

微妙に判りにくいねw
2人で班から抜けているという前提の縛りがある以上
沼に沈んでいるのがバイクの表現であれば、タバコが友達が供えたモノとして解釈できたのにw
ただ
修学旅行に来てるのにバイクはもう1複線ないと関連付け難しいだろうな

2008年01月25日金 URL   #- /編集

皆さんのコメント読まないと
理解できない話ですね。

2008年01月29日火 URL S #- /編集

竹田もおれも死んでいない。

竹田が怖がっているのは、おれに何者かが取り憑いているから。
竹田には、その時のおれは見知らぬ誰かに見えたのだろう。

おれに取り憑いていた何者かの正体は、沼に沈んでいる、竹田とおれ以外の第三者。
その第三者(以下、Aとする)は、竹田とおれが沼に来る直前もしくはもっと以前に、事故ったか何かで沼に落ちて死んだ。

Aは喫煙者だった。だから、おれに取り憑いた時もいつものように煙草を吸った。
煙草が知らぬ間に消えたのは、その煙草が霊的なもの(霊であるAの一部と化したもの)だから。
おれに煙草の味がわからないのも、同様の理由。

煙草が消えた時にはもうAはおれから離れていたのかもしれない。





って思った。

2008年02月03日日 URL #k0vrGlps /編集

井上夢人の小説の丸パクリだな、これ

2008年03月14日金 URL #- /編集

霊じゃなくて時空の歪とかそんな話しじゃね?
まぁ作者は心霊話にしたかったようだけど
どう見ても時空の歪とかネ申とかの話しにしか思えない

とオカルト好きの俺が言ってみる

2008年04月27日日 URL VIPPERな名無しさん #bxvF113M /編集

コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。