日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

道を教えてください

623 :おさかなくわえた名無しさん:2007/12/17(月) 21:24:07 ID:DNbrznEu

「道を教えてください」
夕方の路地でそう話し掛けてきたのは背の高い女だった。

足が異様に細くバランスが取れないのかぷるぷると震えている。
同じように手も木の枝のように細く、真っ赤なハンドバッグをぶら下げている。
はあはぁと何度もため息なのか呼吸なのか分からない息を吐き、
僕に聞いているはずなのに視線はまったく違う方向を向いている。
「あ・・あの。どちらへ・・・?」
やばい人っぽい。
僕は早く答えて立ち去ろうと思った。
「春日谷町1-19-4-201」
「・・・・・・」
そこは僕のアパートの住所だった。
部屋番号までぴったりと合っていた。
「し、知りません」
僕は関わり合いたくないと本気で思い、そう答えた。
すると女はゴキッと腰が折れ曲がるほどにおじぎをして、
またふらふらと路地の奥へと消えていった。
「超こぇえ…」
僕はわざわざ遠回りをしてアパートに戻ってきた。
部屋のカギが掛かっているのを確認し、さっさと開ける。

「道を教えてください」
真っ暗な部屋の中から声がした。 終



関連エントリー
Loading


この記事へのコメント

こえぇぇぇ!!

2007年12月24日月 URL #- /編集

KOEEEEEEEEEEEEEEE!!!!!!!!!!!!!!!!


2007年12月24日月 URL #- /編集

おお!!!
クリスマスなんて関係ねぇという同志が!

2007年12月24日月 URL #- /編集

これが管理人さんなりのプレゼントさ
うわー、夢じゃないんだよな?
本当に更新されてるんだよな?

2007年12月24日月 URL #- /編集

サンタさんのバイトか。

きっといろいろ不慣れなんだろな。

2007年12月24日月 URL   #- /編集

ヤベェ…
これは久々に背筋が凍った

2007年12月24日月 URL #- /編集

もしこの話が作り話だったとしたら・・・
一番怖いのは「春日谷町1-19-4-201」に住んでる人だろねぇ~

2007年12月25日火 URL #- /編集

てか、657もコメントいったんだから1000までいきたかた。。

2007年12月25日火 URL #- /編集

知り合い(女)が見知らぬ男(車の中)に道をたずねられた。「○○駅はどこですか?」「 ほ~ら!」下半身全裸だった。

2007年12月25日火 URL #- /編集

↑×2
同感。
っつーか、なんで百物語をアソコで続けなかったかがわからん。更新されたからってソッチに移行させて、次に更新されて同様にするならまだしもそのまま。更新があったつーことは、また更新があると思われるのに、なんでワザワザ移したんだぁ~?イミわからん…謎だ。。。
恐ろしい・・・
しかも何話目だっけ?抜けてるしぃ・・・お、恐ろしい・・・・・あッ・・やメてく・・・レ・・レレレの・・・お・・じさ・・・ん・・・・・!ッ?!!?




んッ!?

2007年12月25日火 URL #- /編集

第87話

今ではチェーンメールというスパムメールがあるが、一昔前まではその前身に「不幸の手紙」と呼ばれる都市伝説があった。その手紙を受け取った人間は××人に同じ内容の手紙を出さなければ呪われるといった内容のものだ。しかし、その「不幸の手紙」にも元になった話があるらしい。
それが「不幸の御守り」。
ただこれは不幸の手紙やチェーンメールとは少し内容が異なる。まだ郵便のない時代からの古いものだったし、そもそも××人に・・・例えば十人なら、十→百→千→万とあっという間に全国の人間が不幸の手紙を受け取ってしまう計算になってしまう。
不幸の御守りとは、そういう類型ではなく、むしろ「御守りを持っている人を不幸から遠ざける」といった効果のあるものだったらしい。普通の御守りがその人に幸運を運ぶのとは逆に、その人を不幸から守るといった呪具に近かった。
不幸の御守りは最近まで伝わっていたが、現在は存在しない。発祥となった村がダム建設のために水の底に沈んだからだ。むろん村人たちはその御守りを移住地に持って行ったり、新しく作ることもできたが、当時の村の神主の娘がそれを止めさせた。その娘は、見てしまったのだ。・・・御守りの中身を。
御守りの中には一枚の紙が入っていた。そこには万葉仮名でビッシリと文字が書きつけられていた。それを訳すとだいたいこうなる。

―――独りの不幸は全員の不幸

その村では昔から謎の疫病が多発していたという。

2007年12月25日火 URL jk #jP4lwl/k /編集

>87話
つまり一人一人は不幸に感じることは普段は起きないけど
お守りを使った人全体に対して平等に、無効になった分の不幸が訪れるってこと?

2007年12月25日火 URL #- /編集

こここここ、怖い!!!!!!

2007年12月25日火 URL #- /編集

おかけになった番号はdeやれ

2007年12月25日火 URL #- /編集

第88話・きにしないで


「気にしないで」

女の人が言いました。

そして女の人は死んでしまいました。

男の人は女の人を愛していました。

だから男の人は、女の人の遺骨を持って、遠くへ行きました。

男の人は誰かと話しています。

男の人には女の人の声が聞こえているようでした。

とあるところで男の人は大きな木を見つけます。

「君もこんな大きな木になれるといいね」

男の人は遺骨を地面に埋め、水を与えました。

来る日、来る日、

何日も、何日も。

ある日、男の人は女の人の声を聞きます。

その声を聞いた男の人はまるで魂を吸い取られたかのようでした。

生きがいを失くしてしまったのですから無理はありません。

「木にしないで」

2007年12月25日火 URL #- /編集

この話って創作怪談小説サイト 怪×談 にある自作小説と内容同じですよね? 何故ですか?

2008年01月19日土 URL doro #- /編集

どーせ愉快犯だ、オッサンよ

2008年02月25日月 URL VIPPERな名無しさん #- /編集

わぁ。怪×段と同じっすね。
ついモドルンダ君探しましたよ。

2008年03月01日土 URL にゃんこスキー #bYEK.TUw /編集

みち、わかんないです・・・・・

2008年04月18日金 URL 死神 #- /編集

無断転用は駄目だと思うんですけど・・・・
怪×談の管理人さんにちゃんと許可貰ったんですか?

2008年06月21日土 URL ・・・ #- /編集

コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。