日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不思議な力

896 :本当にあった怖い名無し:2007/12/17(月) 18:16:23 ID:sI5PtNFK0

19歳の時、私の兄と兄の友人が海で波にさらわれて行方不明になったんですが…


その時、ニュースで実名で報道され、ニュースを見た私の友人も何人か心配して連絡をくれました。
その中に占いができる友人がいて、私は藁にも縋る思いで「兄は戻ってくるのかどうか占って欲しい」と頼んだところ
彼女は「ごめん。占えない。ホントゴメン」と言って切られてしまった。
翌日、彼女は家にやってきて私に夕べの非礼を詫び
「実は私は占いなんてまったくできない。
ただ、少し不思議な力があるらしく、人に見えないものが見える時がある。
貴方のお兄さんは既に亡くなっているのが見えた。
現在はここらへん(地図を指差す)にいるはず。
でも、見つかるのは明日の昼少し過ぎでここら辺で見つかるはず」と教えてくれた。
そして実際、兄は翌日の12時半過ぎ、船で兄を探していた親族が発見された。
ちょうど彼女が指差した位置だった。

そして一昨年、近所でひき逃げ事故があった。
小学二年生の子供が殺されたのだが、犯人は逃走してその位置に看板だけが立っていた。
ある日、その友人が遊びに来た時、隣の家の車を見て一瞬驚いた顔をし、
そのまま私を引っ張って「家にはいろ。急いで」と家に引きずり込んだ。
「どうしたの?」と聞くと「あの隣の人の車のタイヤに、小学生の低学年くらいの子供が血まみれでしがみついてる」と言った。
数日後、その隣の家の息子さんがひき逃げで逮捕された。

余談ですが(あんまり怖くないかもですが)
兄が海の事故で死ぬ前の年、兄と私は親戚の船に乗せてもらい釣りにでかけた。
しばらく釣りを楽しんでいたら、突然兄が「海の中に人がいる」と言い出した。
私が覗き込んでも何も見えない。
「どんなのが見えたの?」と聞くと「骸骨みたいな手が俺を引っ張ろうとしていた」と言った。
ビビった親戚はそのまま船を動かし逃げて帰った。
それが8月某日。
偶然かもしれないけど、兄が亡くなったのも翌年の8月某日。
その時一緒だった親戚は「あの時の手が○○(兄)を捕まえたんだ」と葬式で言っていた。


地獄の迷宮: ちゃおホラーコミックス (ちゃおコミックス)
もり ちかこ 他 久世 みずき 坂元 勲 小室 栄子 のせじゅんこ かがり 淳子
小学館 (2011-07-29)

関連エントリー
Loading


この記事へのコメント

やった!

1ゲッッッツ(・∀・)

2007年12月30日日 URL 奏 #- /編集

2ゲッッッツ(・∀・)

2007年12月30日日 URL #- /編集

/ ̄ ̄\
|_|⌒| |
 _/ /
 |_ く    
   \\
    | |
 ˍˌ_ノ 丿
 |__/

2007年12月31日月 URL #- /編集

午前3時に読むと中々怖い

2007年12月31日月 URL #- /編集

なんか物凄くリアル
波が高いときは海に近づかないようにしましょう

2007年12月31日月 URL #- /編集

リアルで怖い(´_`。)
海行きたくなくなってきた・・・

2007年12月31日月 URL #- /編集

懇願の


   ____   |\
__|\__/  / ˌ|
\  \|    ˌ/ ˌ/
   ̄ ̄   / /   
       / /      ┣┳ ・・    ┣
      | /         ┛   ・・┃ ┃
   __| |              ┛
   \  \|
      ̄ ̄

2007年12月31日月 URL #- /編集

ブレイクターイム 今日で百話終わらせようぜ

子「お母さーんお腹空いた。おやつないー?」
母「しょうがないわね、その辺に大福があったからそれでも食べてなさい」
子「わーいわーい、あ、バナナもある、これも食べていーい?」
母「ちょっと古いみたいだけど…、うーん、これなら大丈夫ね」
子「わーい、わーい」
 深夜の墓地にて

2007年12月31日月 URL #- /編集

96話
俺が高校二年の時、クラスメートで女子、バレー部で主力、毒舌で友人Nの悪口ばっかり言ってる奴だった。そいつが二年の半ばから、右肩の痛みを訴え、その症状は3年生まで続いた。 結局、そいつは、部活で全く活躍できず、引退した。卒業身近の頃、俺たち友人らの中で、そいつのその話がでた。Nはいった「俺が呪いをかけてやったのさ」(冗談かしらんが)

2007年12月31日月 URL #- /編集

97話
不幸な身の上のジョンはある日、孤児院の先生に尋ねた。

ジョン「先生。どうして僕にはパパとママがいないの?」
先生「あなたのご両親はね、ジョン。あなたが小さい頃、黒人の強盗に殺されてしまったのよ」
ジョン「どうして僕は歩けないの?目が見えないの?」
先生「その強盗にひどいことをされたからよ」

ジョンは黒人を恨んだ。全ての黒人を憎んだ。
無理だと分かってはいたけれど、いつか犯人を探してぶち殺してやろうと思っていた。
ある日先生がいった。

先生「喜びなさい、ジョン!あなたの足と目が治るのよ!」

ジョンはまず足の手術を受けた。

そして目の手術をした翌日、ジョンは治ったばかりの足で電車の前に飛込んだ。

2007年12月31日月 URL #- /編集

連投スマソ
だ、誰か続きを(;´Д`)!!

2007年12月31日月 URL #- /編集

98話
会社の同期から電話があった。
『あ、もしもし〇〇(私の名前)?今日早いけど直帰しちゃおうと思うんだ~』って感じの内容。
その後他愛の無い会話をしてたら急に相手の声のトーンが変わった。
『…え??…えっと、今…
何て言った?』って。
そのあと違う同期に変わって話してたんだけど、やっぱり意味がわかんないコトいってたみたい。
後で当の本人に聞いてみたら、『いやーなんか普通にお前と電話してたら、急に低い男の声が、電話越しよりも近い所で聞こえてきたんだよ』って話した。
ちなみに言った言葉は

『…嘘つくなよ』
だそう。

2007年12月31日月 URL #ZJmJft5I /編集

第99話
学生時代、バイトの面接で事務所にいった時、店長ともう一人、デスクワークをしていた気味の悪い奴がいた。色があさぐろく、干からびたスルメイカのようだった。面接が終わり、事務所を出ると、そこからは、店長の怒鳴り声がした。他の従業員も気まずそうしていた。何か店もジメジメしていて気分がわるくなった。結局、バイトは断ったが、何かしらんがやたらと売り上げのいいみせらしい。

2007年12月31日月 URL #- /編集

100話目は誰が書くんだ?
新年まであと18分、さあどうなる?

2007年12月31日月 URL #- /編集

100話目  
去年の夏、仲間10人でリアル百物語やったんだわ。
さすがにローソク百本は無理だから、10話で1本消すルール。
円座を組んで、左回りに1人づつ順番に持ちネタを話していく。

初っ端の俺が話し始めたのは夜8時頃だったかな。
皆なかなか怖い話ばかりで、あっと言う間に時間が過ぎていった。
ローソク10本の簡略版でも意外に雰囲気はあったね。
時間かけて1本1本消していく度、じわじわと暗くなっていくし。

もう深夜2時を回ったくらいだったか、
ようやく99話が終わり、ラストの俺の番が回って来た。
最後だし、俺は取っておきの怖い話をしてやろうと思ってたんだ。
で・・・話出そうとした瞬間、いきなり10本目のローソクが消えた。
誰も吹き消そうとなんかしてなかったのに、勝手にだよ。
もちろん窓も閉めてるし、風が起こるような事もしてなかった。

やっぱ百物語って何か起きるもんだなとホント怖くなったよ。

2007年12月31日月 URL 言いだしっぺ #- /編集

100話&少し早いが新年おめ

2007年12月31日月 URL #- /編集

2007年12月31日11時50分これにて第一回(?)百物語会閉幕閉幕~。皆さんお疲れさまでした。
管理人さんもかえってきてくれたし、米欄も新年に間に合った。
来年はもっといい年であることをねがって

2007年12月31日月 URL #- /編集

59ふん

2007年12月31日月 URL #- /編集

2008年最初のかきこみ

2008年01月01日火 URL #- /編集

さよなら2007年!!

2008年01月01日火 URL #- /編集

おめー!!除夜の鐘がなってるよ
勝手に百話取ってゴメンなー(;;)楽しかったよ
百物語終えたらなんか起こってほしいなーと思ってたけど、まあ何も起こらんわな

あ、後ろに誰かいrdfcgvhb

2008年01月01日火 URL 言いだしっぺ #- /編集

あけおめ

2008年01月01日火 URL #- /編集

あけましておめでとー
ここで年越ししてしまったYO
みんな大好きだww

2008年01月01日火 URL #- /編集

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008年01月01日火 # /編集

百話目で終わっちゃうんですかね?
更新同様に楽しみでしたが…

2008年01月01日火 URL #- /編集

※百話第二弾は管理人サンの更新が一ヶ月以上無い場合に開催されます※

2008年01月03日木 URL #- /編集

仕切ってるし・・・

2008年01月10日木 URL #- /編集

いつも更新楽しみにしております(゚ω゚)

2008年01月19日土 URL エマニエル変人 #IPjhD9aw /編集

コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。