日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤いビニール紐と赤いテープで縛ったダンボール箱

638 本当にあった怖い名無し 2006/09/16(土) 21:42:47 ID:8Q2BRh8H0

俺の話。
関西に住んでるんだが、震災後に急に家賃が下がったというアパートに入居した事があった。
風呂無しワンルーム(?)で、駅から歩いて15分で月¥25,000。
元は(震災前)¥60,000くらいだったらしい。


オカルト風な訳アリっていうより、全壊とかそっち系で値段下がったと思ってて
ちょっと荒んでた俺は
「家崩れて死んだら死んだで良いや、どうせ俺なんか」くらいに思って契約。
特に何も無かったんだけど、あるとき流し台の下の収納を開けたら
赤いビニール紐と赤いテープで縛ったダンボール箱が入ってた。
何だろなコレ、と思って引っ張り出して中を見たら、拳大の石がぎっしり入ってたんよ。
一瞬ゾクっとしたけど、特にお札も貼って無いし、呪文みたいのも書いて無いし
訳わかんねーけどまぁ良いや、って思って、外でバラして捨てた。
2日くらいは 「怪談だとこの後何か起こるんだよなぁ」
とか思いながらちょっと気にしてたけど、特に何も起こらなかったので忘れて過ごしてた。


639 638 2006/09/16(土) 21:43:58 ID:8Q2BRh8H0

1ヶ月くらい経って、何となくまた流し台の下開けたらまた ダンボール入ってた。
同じ様に赤い紐と赤いテープで縛ってあった。
戻って来たみたいに。
元から2つあったなんて事は無い。そして誰にも合鍵持たせてないし
当然一人暮らし。誰の出入りも無かった筈。
リアルな生死は良いけどこういうのちょっとビビる俺なので、今度は中を開ける根性が無かった。
ゆさゆさ揺すったら、ゴリゴリ石っぽい感触だったけど。
その月のうちに周りにお金借りて他所へ越した。
スマン、呪いとかいわくとか無くて。でもマジで怖かった。



関連エントリー
Loading


この記事へのコメント

捨てたはずの物が勝手に戻ってくるって怖いな、呪いの日本人形みたいで、しかも開けなきゃ入れられないような所って辺りが怖い

2008年12月07日日 URL #- /編集

やっとみつけたあかいはこありがとうありがとう

2008年12月07日日 URL #- /編集

管理人は鍵持ってるんだが普通

2008年12月11日木 URL #- /編集

コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。