日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エレベーターの向こう側

786 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/09/09(火) 16:47:36 ID:Cd8BCddg0

小1年の時の話
俺 数ケ月ほど大学病院に入院してたのね

手術も済んで体力の回復を待つだけだったから、結構ヒマしてて
エレベーターに一人で乗って他の階の病棟に行くのが楽しみだったわけ
んで ある日いつもどおりにデタラメな階の番号を押してチンとドアが開いた
喜んで飛び出たら 消灯後の病棟みたいに真っ暗なわけ 非常灯の明かりだけついてる
ナースステーションも真っ暗で誰もいない 数歩進んでみたけど廊下にも誰もいない
もうちょっと進んでみようとしたら、ドライアイスみたいな白い煙がスーッとこっちにやってくる
なんか知らないけど、煙につかまったらヤバイと思った
回れ右して まだ開いたまんまのエレベーターに戻って、自分の入院してた病棟に帰ることにした
エレベーターが開いた時、また真っ暗だったらどうしようかと思ったけど、幸い自分の所は昼間のままだった
病室に駆け込み、付き添いでいた母親とナースに今あった事を伝えたけど、みんな微妙な顔をしてノーコメント
エレベーターに一人で乗るのがすっかり怖くなった俺は、何度か階段を使ってその階に行ってみたけど、あの時
のようなことはなかった
エレベーターで遊んでいて、病院の何かに叱られたのかなと今は思っている 実話っす


飼育病棟―関よしみ傑作集 (ホラーMコミック文庫)
関 よしみ
ぶんか社
売り上げランキング: 260768

関連エントリー
Loading


この記事へのコメント

ドラマチックな

2008年12月07日日 URL #- /編集

話聞いた人たちが「はぁ?」みたいな反応しなかったあたりなんか知ってそうだよね

2008年12月07日日 URL #- /編集

>>786は超えかけちゃったんだろうな

2008年12月08日月 URL #- /編集

でたらめに押したってことは、病院の4階(手術室とか倉庫とか)に、行っちゃったって落ちかもしんない。

2008年12月09日火 URL #- /編集

コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。