日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

N君

610 :本当にあった怖い名無し:2007/07/06(金) 18:29:57 ID:kbhO3WPmO

小学6年のときに同じクラスだったN君。ある日を境に突然クラス全員に「俺が死んだら泣いてくれる?」って毎日聞いて回り始めた。みんなふざけて「泣くわけない」とか「馬鹿じゃないの?」って笑ってた。

そんな日が続いた二週間後、N君はあまりに突然の交通事故で死んでしまった。みんな生前のN君の言動を思い出して気味悪がったけれど、クラスメイトの死だったということで全員で通夜に列席することになった。


611 :本当にあった怖い名無し:2007/07/06(金) 18:37:36 ID:kbhO3WPmO

610続き

しかし生徒の中には日頃からN君をからかったりいじめたりしてたヤツがいて、そいつは結局通夜には列席しなかった。列席した生徒には全員が悲しみにくれて泣きじゃくる者もいたが、中には明らさまにめんどくさそうな顔をしたり、信じられないことに笑っているヤツまでいた。

その日は何事もなく通夜は終了。

翌日先生とN君とは親友だったI君がN君の机の中身を整理していたら、表紙にタイトルが書かれていない大学ノートが出てきた。

613 :本当にあった怖い名無し:2007/07/06(金) 18:48:47 ID:kbhO3WPmO

611続き

小学生が持つには珍しい大学ノート。不思議に思った二人がノートを開いてみると


そこにはクラスメイト全員の名前が書かれてあって、名前の横にはランダムに「ありがとう」「だいきらい」などと書かれている。数名の名前の横には「しね」の文字………

不謹慎ながら気持ち悪くなった先生とI君は、このノートのことを二人だけの秘密にして、ノートは先生が処分することになった。

後々考えてみると、クラスメイト全員の名前の横に書かれていた言葉の意味は、N君の通夜で泣いた者には「ありがとう」泣かなかった者には「だいきらい」列席しなかった者と笑っていた者には「しね」ということなのだと気付いた。

途端に体中から血の気が引くのを感じた。

そう、先生とノートを見たI君とは、僕のことなんです。
関連エントリー
Loading


この記事へのコメント

デスノート

2007年08月23日木 URL #- /編集

へぇ~ 最近のデスノートは色々ありますね

2007年09月29日土 URL #- /編集

最後の1行、怖くさせようとしてるのか知らないけどいらなくない?

2007年11月15日木 URL #- /編集

最後の1文いかにもオチみたいに言ってるけど一番どうでも良いからウケタ

2008年01月13日日 URL #- /編集

別にI君の正体なんか

2008年06月01日日 URL #- /編集

L呼べ

2008年11月15日土 URL #- /編集

コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。