日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

助けてください!

47 :本当にあった怖い名無し:2008/08/11(月) 16:00:51 ID:Rvl/rThY0

幼い頃の話。弟が生まれた年だったから4歳の時だと思う。
当時私は父と姉と布団を並べて寝ていたのだが、ある晩「ドン」という音で目が覚めた。
家の隣には国道が走っており、寝ていた部屋はちょうど交差点の裏にあった。
私は窓際で寝ていて、その音に起きたものの眠かったのでまた目を閉じた。
再び寝入り始めたその時、窓を激しく叩く音が聞こえた。
ドンドン!
助けてください!
私はその声に驚いて飛び起きた。恐る恐るカーテンをめくるが、暗くてよく見えない。
それより眠気が勝り、再び布団に潜ろうとすると、
ドンドン!
助けてください!
先程よりしっかり聞こえた声に眠気は消え、途端に怖くなって隣の部屋でまだ起きていた母の元へ逃げた。
数十年後、たまたま姉と話をしていた時にこの話をした。
すると驚いたことに、姉も同じ体験をしたという。(恐らく同じ日)
窓をドンドンと叩く音がし、誰かが「助けてください!助けてください!」と言っていたらしい。
姉は隣で寝ていた父を起こそうとしたが、父は起きず、結局姉もそのまま寝てしまったらしい。
次の日の夜中、再び窓を叩く音がし、外から「ありがとうございます!ありがとうございます!」と声がした。
姉が言うには、それが2~3日続いたらしい。
ちなみに私は例のことがあってからその部屋では寝ていなかった。
昔その交差点では車同士が軽くぶつかるのは珍しくなかったので、私も姉もあれは生きている人間だったと思っていた。
(もっとも人が死ぬような事故は起きていないはず)
でも私達何もしてあげられなかったのに、なんでありがとうなんだろうねと言いつつ、ある事に気付いた。
その部屋は2階だったが、ベランダはついていなかった。




関連エントリー
Loading


この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。