日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お母さんは?

412 :本当にあった怖い名無し:2008/11/01(土) 11:39:04 ID:Fkf8FX0jO

20年以上前の話です

春に家族で鳥取に一泊の旅行に出かけました、
乗馬体験をしたのでおそらく大山の牧場だったと思う
乗馬体験っていってもオジサンが引っ張るポニーに股がって環状のコースを一周するだけの簡単なやつ
家族に見送られて出発して一周し終わる頃、家族に混じって知らない女の人が手を振ってるのが見えました
誰だろうと思いながらも終点に到着 知らない女の人はやたら馴れ馴れしく接してくるし
おかしな事にお母さんが見当たらない、「お母さんは?」って聞いても家族は不思議な顔をするばかり
知らない女の人とお母さんが入れ替わってました
暫く立ち直る事が出来ませんでしたが 今ではその女の人がお母さんだと思ってます



関連エントリー
Loading


この記事へのコメント

たぶん一周する間にポニーに蹴られたんだと思うよ。
完全に記憶違いだ。
その人は間違いなく母さんだから安心して。

2008年12月11日木 URL #- /編集

ただの記憶違いだよ
俺も、小さい頃の母親の顔の記憶と、その頃の実際の写真の母親の顔のギャップに超焦った事があるよ。

2008年12月11日木 URL #- /編集

・・・・・・DNA検査あるし。

2008年12月12日金 URL #- /編集

ドッキリの札の出し忘れ、出し惜しみ。

2008年12月13日土 URL #- /編集

自分もそういう経験がある。

小さいとき、たぶん保育園の年長の頃だけど、大阪に家族四人(両親・姉)で旅行に行って親とけんかしてはぐれてしまった。
 そのあと、どうやって合流したか良く覚えてないんだけど、そのときから家族全員が入れ替わった。妙によそよそしい感じがするというか、外見とかは同じなんだけどオリジナルの絵をうまく似せて作ったような偽物のような・・・
 家に帰ってきてからもそこが自分の家でないような感覚がいつもする。そっくりなどこか全然別の町のような・・・
 今でも自分が貰われ子のような感覚があるのでほとんど実家には寄り付かなくなりました。

2008年12月18日木 URL #npNid/5k /編集

↑上の人へ

もしあなたがもらわれた子であったとしてもそうでなくとも、育ててくれた両親に感謝して顔くらいは出してあげてください。

ひと一人育てるのは大変なことです。どうかご両親を大切にしてください。 

2008年12月18日木 URL   #- /編集

つ「脳の中の幽霊」
脳の器質的な障害じゃないかって仮説だったよな

2009年01月25日日 URL #- /編集

コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。