日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

呪われた

229 :本当にあった怖い名無し:2007/06/14(木) 02:04:12 ID:uK/NidPj0

先日6月9日に大阪の十三のラブホへ泊まりに行った。
休日だったからどこも宿泊代高くて困っていたが、安いラブホ発見。
和室しか空いてなかったがそこにした。
部屋はまぁまぁ広かった。和室と寝室がふすまで区切られていた。
彼女が、この部屋は気味が悪いと言い出した。ちなみに俺も彼女も霊感云々はないと思っている。
が、俺も何か薄ら寒くなった。狭いサウナが設置されていたが絶対入りたくなかった。


※ちょっと長めです

231 :229:2007/06/14(木) 02:14:40 ID:uK/NidPj0

隣の部屋のカップルの声が良く聞こえてきた。
かなりチープなホテルだな、と思った。寝室は合わせ鏡になっていた。
ベットの前にも黒い鏡があって、何か見えなかった?とか言って彼女をからかっていた。
しかし実際に何かが見えた気がしてぞっとした。
良く見たら洗面所前の鏡も、後ろの和室の鏡と合わせ鏡になるようになっていた。
ますます気分が悪くなった。彼女が、ベットの外装がとって着けたようだと言ってきた。
さらに、このベッドの裏にお札が貼ってあったら怖いね、とか言ってきた。


233 :229:2007/06/14(木) 02:24:14 ID:uK/NidPj0

怖がりの癖に、とか思いながら、ベッドの裏を見ようとした。
今更になって彼女は止めにかかったが携帯のライトを使ってしっかり見た。
お札はなかったがすごい量の埃が溜まっていた。
結局何もないように見えた。でも、左端の方に黒いものが落ちていた。
二本のビデオだった。彼女はかなり引いた。好奇心旺盛な俺はそのビデオを捕ろうと
やっきになった。一本は手を伸ばしてとれた。もう一本は奥なのでなかなか取れなかった。
その後本番はしなかった。俺も彼女もそんな気になれなかった。和室の電気と有線をつけながら寝た。
朝になってやはりもう一本のビデオが気になった。ハンガーを使って四苦八苦してようやく取れた。
そのビデオをコンビニの袋に入れてホテルを出た。その後、彼女に服を買ってもらい
その紙袋へビデオを移した。
昨日は学校をサボった。ビデオを自宅で一人で見たかったから。


236 :229:2007/06/14(木) 02:38:32 ID:uK/NidPj0

巻き戻して一本目を見た。夜の森の中を映し出していた。
男が運転しながら撮っているかのように見えた。
男が何かつぶやいていた。怖かったので消した。
もう一本を見た。発狂した人間の姿だった。
途中で見るのが嫌になって消した。
言おうかどうか迷ったけど、その二本のビデオは山のような公園に埋めた。
その晩、妹が帰り道で、川の中央に赤い服を着た少女が立っているのを目撃した。
幽霊だと気づいて無視したという。妹は明るくベースばかりやっている
ロクデナシだが、そのようなことを聞いたのは初めてだった。
ビデオとは関係はないと思うが気味が悪かった。


237 :229:2007/06/14(木) 02:42:04 ID:uK/NidPj0

今朝、研究室に行くと、院生の先輩のパソコンに自殺自殺自殺・・・
と紙一面に書かれた紙が貼られていた。
これもビデオとは関係なさそうだが、気味が悪かった。

下手な文章でゴメンなさい。
もしかして俺、呪われたんでしょうか?

関連エントリー
Loading


この記事へのコメント

おもんね。

2007年08月01日水 URL ミッチー #- /編集

ビデオの映像は未来 ですよ・・

2007年09月29日土 URL #- /編集

彼女に服買ってもらったのか…

2007年11月26日月 URL #- /編集

どうなんでしょう・・・?

2008年01月30日水 URL S #- /編集

大jobじゃね?

2008年11月14日金 URL #- /編集

やめてよう、くちゃーに!

2010年04月24日土 URL #- /編集

コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。