日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暗証番号

83 :本当にあった怖い名無し:2008/12/15(月) 16:11:52 ID:O1FPZeZM0

学生時代に住んでいたアパートの鍵はテンキーだったんだが、夜中の3時頃に部屋で漫画読んでいたら
突然ドアノブをがちゃがちゃする音が聞こえた。ビビッたけど鍵かけてるし大丈夫だと思っていたら

ピッピと暗証番号を押す音が聞こえ血の気が引いた。その当時テンキーの設定を変にいじってしまい
Eというパネルを押すだけでロックが解除される設定になってて、ドアの向うにいる奴が適当にボタンを押している内に
ロックが解除されてしまった。運よく普段めったにかけないチェーンをかけていたんだが
チェーンで開けられないにも関わらず、ドアを無理やり開けようと3分くらいガンガンやった後、静かになったので
恐る恐る見に行ったらもういなかった。

すぐに暗証番号の事情を知っている友人に連絡をとったが、部屋には来ていないし深夜だったので怒られた
そもそも普段から廊下を歩く音が余裕で聞こえるのに、そいつが去った時に聞こえるであろう足音が全く聞こえなかったのが怖かった

I.C.U. 1巻 (ビームコミックス)
タイム涼介
エンターブレイン


関連エントリー
Loading


この記事へのコメント

 私も東京で一人暮らしを始めて3ヶ月後くらいに、深夜にドアノブが突然ガチャガチャ回されて、肝を潰したことがある。
 道路からドアまでは施錠も何にもないアパートだったので、玄関がオートロックなマンションっていいなあと思ったわ。

2012年03月23日金 URL #- /編集

コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。