日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何故か眼鏡がずれる

146 :本当にあった怖い名無し:2008/11/25(火) 04:00:06 ID:6+cQJGmfO

友人から聞いた、友人の祖父の仲間の話なんだが、

友人の祖父と仲間はWWⅡの時に兵隊としてシベリアに居たらしいんだが
いきなり仲間が"あれ?"と言ったらしい。何故か眼鏡がずれるとかなんとか。
その仲間を見たら鼻が凍傷で血が通わなくなって腐り、
鼻が落ちて無くなって眼鏡が支えられなくてずれてたそうだ。


CRY EYE(1) (ブレイドコミックス)
空野晶
マッグガーデン (2011-09-10)

関連エントリー
Loading


この記事へのコメント

WWを「第二次世界大戦」じゃなくて(笑)と思わず読んでしまった
ネットに浸りすぎだろ

2008年12月18日木 URL #- /編集

鼻がなかったらズレるというか落ちるんじゃね?

2008年12月19日金 URL #- /編集

骨もあるし全部きれいに落ちはしないだろう

2008年12月19日金 URL #- /編集

 この手の話はシベリアの抑留所帰りの(この間政府からの補助金も申請した)俺の祖父からも聞いた。
 寒い外の作業から帰って、急に暖かい暖房の効いた部屋に入ると、鼻がボロッともげてしまう。ので、まず部屋の中にいる人が外にでて、帰ってきた人間の鼻を人肌で温めてから、中に入れてやるそうだ。

2012年03月23日金 URL #- /編集

コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。