日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人生で一度だけやり直しがきくなら

120 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/08/12 13:02

深夜2時過ぎ、寝ている俺の耳に「パチパチ」とい音が聞こえてきた。
「ん?霰か雹でも降ってるのかな・・・」と無視して寝てた。
しかし、その音は窓の外じゃなく、下の方からするような???
パチっと目が覚めると周りが煙で霞んでる。


「か、火事!???」
俺の寝ていた下の店舗から出火したようで、もう畳の隙間から煙が立ち上っていた。
隣の部屋に寝ていた祖母、別な部屋に寝ていた叔母を叩き起こして傍にあった電話で
消防署に電話した。その間に祖母と叔母は階下へ様子を見に降りた。
電話したのは良いが、厨房の俺は気が動転して口を塞いで身を低くすることを
忘れていたせいで煙を吸い込みすぎた。
「落ち着いて、落ち着いて下さい」というセンターの担当官の声が段々遠くなってくる。
本能的に「このままじゃ死ぬ」と思い、フラフラの足取りで物干し台の方角へ。
転がるように表へ出た。


そこはオヤジと後妻一家が住む家への渡り廊下も兼ねていた。
何とか這いずってオヤジの家にたどり着き窓ガラスをガンガン叩いた。
「火事!火事だぁ!!!」
しばらく叩いたが反応無し。
傍にあった物干し竿でガラスをたたき割ろうとした瞬間にようやくオヤジが顔を出した。
もう俺が出てきたところから真っ黒な煙が出てきていた。
そして慌てて下におり、正面に回ると・・・呆然と佇む叔母がただ一人。
「おばあちゃん・・・おばあちゃんは!!?」
俺を見た叔母が「○○!お前どこから降りてきたの!!お前が居ないって
お母さん(祖母のこと)は探しにまた戻って・・・」
「ええ!?」
もう家の窓から炎が吹き出してる。
俺と叔母は祖母を呼び続けたが祖母は還って来なかった。
夜が明けて・・・二階に上がる階段付近で焼死体で祖母は見つかった。。。

あの時俺が一緒に下に降りていたら・・・
人生で一度だけやり直しがきくなら迷わずあの瞬間を選ぶ。


ビオランテ 上 (ホラーMコミック文庫)
風間 宏子
ぶんか社
売り上げランキング: 144579

関連エントリー
Loading


この記事へのコメント

クリスマスイブでも更新するのか管理人!

乞うご期待!

2008年12月23日火 URL #- /編集

管理人のやる気スゴイよ!

2008年12月24日水 URL #- /編集

コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。