日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が家の謎

498 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/05/05 20:59

我が家のです

中学の時、母方の祖父が死にました
脳の手術して神経後遺症(だったかな?)がひどく残り
最後は「狂い死に」に近い死に様。

で、お通夜の夜、親戚一同は1Fで寝てたんですが
母と私と父は2Fの祖父が使ってた部屋で寝ることに。
夜中階段をギシギシと誰かが上ってくる音に目覚め
暗闇の中、目をこらして見ていると
襖がスーッと開いて、死んだ祖父が部屋に入ってきました。
そして、私達親子の布団の周りをグルグルと歩きまわって
最後に母の枕もとでブツブツと何かをつぶやき
また階段をギシギシと降りて行ったのです。

次の日両親が「昨夜お父さんきてたね」って話してたので
夢じゃなかったのかって怖くなったのを覚えています。


499 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/05/05 21:00

それから一年後、母が脳の病に倒れ入院しました。
手術したんですが、軽度の痴呆的な後遺症が残ってしまい
あと肝硬変にもなっていたので、あっけなく他界しました。
最後は私の顔もわからない状態だったんですけども・・・

お通夜の夜、我が家では1Fで大人達が寝て2Fで子供達が
かたまって寝ることに。
従兄弟達とは久しぶりに会ったので、会話も楽しく
夜更かししてたのですが、
午前3時過ぎぐらいだったでしょうか。
1Fで大人達が騒いでいます。
何かな?って下に降りていくと、何でも叔母(母の妹)が寝てる
部屋に母の幽霊が現れたとか・・・

叔母は居間の隣にある四畳半の、母が衣装置き場にしていた部屋で
寝ていたのですが、ペタペタ音がするので目を覚ましたところ
死んだ母が部屋の中をグルグル歩いてたそうです。
叔母は怖くて布団の中に潜ったのですが、母の足音は自分の枕の上で
ピタリと止まったそうです。
そしてブツブツと何かつぶやいて去って行ったそうです。

500 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/05/05 21:00

私はそれを聞いて、ふと祖父の事を思い出し
叔母に「身体壊してない?健康診断に行ってる?」
って言ったんですが
叔母は全く私の言葉を聞いてないようで、興奮状態で
他の親戚達に母の霊の話をしてました。
私の発言をしっかり聞いてた父には、後で何故か怒られました。

それから4年後叔母は他界するわけですが、やはり
脳の病気で、術後は問題なかったのですが
退院後、うつ病になって首吊って死にました。
叔母の通夜は事情により出席できず、お葬式のみ行ったのですが
叔母の霊?が、従兄弟の枕もとに立ったやら立たないやら・・・
その話題で持ちきりでした。(従兄弟は無事ですが、従兄弟の息子が
小児癌で4歳で他界しました)

身内が枕もとに立つのは、死の告知なのでしょうか。

今でも父にこの話をすると、顔を曇らせて
「お前は何も心配しなくていい」って言います。
祖父が母の枕もとに立って、何をつぶやいていたのか父は聞いていたのかな?
未だにです


マンホール 1 (ヤングガンガンコミックス)
筒井 哲也
スクウェア・エニックス


関連エントリー
Loading


この記事へのコメント

母親が死んで間もない通夜の夜だって言うのに
従兄弟達と楽しく会話して夜更かしできたっていう神経がすごいな
霊もこういう人の下には来たがらないだろうね

2008年12月31日水 URL #- /編集

たしかに。

2009年01月01日木 URL #- /編集

そんなもんだよ
従兄弟の父親が亡くなった時、大人が葬式の準備してる間、その従兄弟たちと外で鬼ごっこして遊んだ
夜も「今日は一緒に寝られるね」って言い合ってわくわくしてたし。親族は棺のある部屋で一晩過ごすとかで、結局それは出来なかったけど

2009年01月03日土 URL #- /編集

コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。