日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暗やみからロッドを振る音

127 :名無しバサー:2008/12/19(金) 01:16:53

俺、今28だが、一昨年ツレが事故で亡くなった。
ガキの頃から、ずっと一緒に遊んできた奴で、釣りに行くのもいつも一緒だった。
初めて雷魚を釣った時も、初めて60を釣った時も、初めてボートを出した時も。
夜釣り中心だが、多い年は年間釣行200日という年もあった。

腕の方は五分五分。口に出しては言わなかったが、少なくとも俺は相手の腕を認めていた。
ツレの葬式が終わってしばらくして、俺はツレの家族から、形見として釣り道具一式を貰った。
ツレの家族は泣きながら、供養だと思って使ってやってくれと言っていた。
でも、俺はその日から釣りをやめた。
何気ない事までやけに思い出されて、悲しくて悲しくてどうしても行く気になれなかった。

128 :名無しバサー:2008/12/19(金) 01:35:33

127の続きです。
3ヶ月ほどそんな日が続いたが、その頃から何故かそのツレと一緒に釣りに行く夢ばかりやけに見るようになった。
釣りやめるなって言ってるのかなって思って、ある日意を決して、
ツレが一番よく使っていたロッドを持って、一番よく行っていた野池に出かける事にした。
月が恍々と照って、やけに明るい晩だった。
で、これだけ長文書いて、引っ張ってきて申し訳ないが、幽霊を見たとか、そのおかげで
でかいバスが釣れたとかそういう話では全くない。釣果は30くらいのが二匹くらいだったと思う。
ただ誰も居ないはずのところから、ロッドを振る音が何度も聞こえてきていた。
不思議と怖いという感覚は無く、やっぱり来てくれたな、と素直に思えて、
俺はその時、ツレが亡くなってから初めて泣いた。馬鹿みたいに声を上げて泣いた。
今も釣りは続けている。ツレはもういないけど、あいつのタックルはいつも一緒だ。
で、夜になれば時々暗やみからロッドを振る音が聞こえてくる。

怖い話じゃないな、スマソ。


Another (1) (角川コミックス・エース 170-5)
清原 紘
角川書店(角川グループパブリッシング)

関連エントリー
Loading


この記事へのコメント

友人は自分が落とした命をまた釣りたかったんだろうな・・・・

2009年01月06日火 URL #- /編集

言っとくけど全然うまくねぇからな

2009年01月06日火 URL #- /編集

うまい…気もする

2009年01月06日火 URL #- /編集

ねーよwwwww

2009年01月06日火 URL #- /編集

雷魚が魚雷に見えて一瞬ギョッとした

2009年01月06日火 URL #- /編集

魚だけにナwww「

2010年01月07日木 URL #- /編集

コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。