日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

果物ナイフ

789 :本当にあった怖い名無し :2008/12/07(日) 03:20:18 ID:Y2kEYO6uO

小学2年の夏休みの時の話

4つ上の兄貴によくいじめられていた、ケンカになり俺が殴って、兄貴が仕返しで果物ナイフを俺に投げてきた
やべっ!と思い体を丸めて守ろうとしたら、兄貴が『あれ!?』と言うので、壁に刺さったかと思い壁の方を見てもナイフはなかった。
よくよく聞くと、俺にナイフを投げて刺さると思った瞬間ナイフが忽然と消えたという。
俺自身、投げてこっちに飛んでくるのが見えた
だが、やけにスローに思えた。
ナイフは部屋中探してもなかった。怖いので家の外も家中探したが、どこにもなかった。
なんだったんだろう、今だにわからない。


プリースト [DVD]
プリースト [DVD]
posted with amazlet at 12.02.11
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2012-01-11)
売り上げランキング: 1469

関連エントリー
Loading


この記事へのコメント

サプラーイズ

2009年02月15日日 URL #- /編集

ナイフだって消えたい時もあるだろう

2009年02月15日日 URL #- /編集

ナイフ探して仲直りですね。わかります。

2009年02月16日月 URL #- /編集

×今だにわからない
○未だにわからない

2009年02月16日月 URL #- /編集

ナイフが消えたことよりも些細なことで逆上してナイフ投げる兄が怖い

2009年02月16日月 URL #- /編集

前のコメに同意

2009年02月16日月 URL #SFo5/nok /編集

それ、入ってるよ

2009年02月16日月 URL #JXoSs/ZU /編集

あ、体の中に?

2009年02月16日月 URL #- /編集

本人はまだ気付いていないが、これは弟の念力。

自分の身に危険を感じたことによって、力が発揮されたのだ。

2009年02月16日月 URL #- /編集

この時、兄を消すべきだったと後悔した弟であった。

2009年02月17日火 URL #- /編集

そのうち何も無いところから果物ナイフが飛び出してくるぞ

2009年02月17日火 URL #- /編集

こりゃあ鍵穴から果物ナイフがが狂ったように乱舞するのも時間の問題だ。

2009年02月20日金 URL    #- /編集

Tさん「破ァ」

2009年02月21日土 URL #- /編集

相変わらずここのコメ欄はカオスだな

2009年02月27日金 URL #- /編集

スタンド能力かもしくはミュータントか

2009年03月12日木 URL #- /編集

量子力学の世界では、弟と壁の表面を通り抜けて、
壁の中に、ナイフが埋まってしまう確率は、ゼロじゃないとか聞くけど。

2009年05月21日木 URL #- /編集

キングクリムゾンですね。わかります。

2009年07月04日土 URL #- /編集

弟を殺してしまった兄が歴史を変えるためにタイムマシーン使ってこの時代にきて、時間を止めて弟助けただけの話 よくあるよくある

2009年11月27日金 URL #nmxoCd6A /編集

小2と小6でけんかにならないだろうし、そのくらいの年齢の対格差は絶対的なものがあるから、それでもナイフ出してくる兄の精神構造が一番怖い。

もしかしてそのお兄さんは想像の存在なのでは…?

2010年08月13日金 URL #- /編集

コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。