日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

刀について

151 :1/2:2008/07/13(日) 22:46:52 ID:sAifo3V70

なんでもいいと言う事なので

子供の頃この話を聞き私は耳をふさぎ泣いていたそうです、去年帰省した際
もう一度ちゃんと話を聞きたかったのと、私の子供にも聞かせたかったので
祖父に願い再度、話してもらいました。



祖父が旧制新潟高等学校への受験を控え、
兄弟のいない仏壇部屋で、受験勉強をしていた時の話です。
 ある日の夜半、受験勉強をしていると後ろの方がザワザワするのですが
振り返ってみると何も無い、受験勉強をすると又ザワザワする、
振り返えると何も無い、何度も繰り返すうち「勉強の疲れによる精神作用」と
判断した祖父は、気にしないことに決め勉強を続けました。
しかし次の日も次の日も同じことが続きます。
果ては、休養日と決め早寝遅起した日の夜にも・・
さすがに気味が悪いが他に勉強が出来る部屋が無く、
仕方なしに仏壇部屋での受験勉強を続けることにしました。
でもその日は、仏壇部屋の押入れにしまってある、日本刀を
勉強台の脇に置いておくことにしました。
この刀は、祖父の叔父が、日露戦争に従軍した際持って行き五体満足で除隊出来たと言う刀で
曽祖父が大事にしていた刀でした。


152 :2/2:2008/07/13(日) 22:47:45 ID:sAifo3V70

その刀を脇に置き勉強を開始しました。12時を過ぎた辺りから毎晩続くザワザワが・・・
鞘ごと掴みサッと振り返るとそこには、5人の武士が鎧を身に着け車座に座り、
車座の真ん中で鎧を着た一人の武士が舞を舞っているようでした。
6人とも何処かに怪我をしていて舞を見つつ泣いていたそうです。
舞が終わり順番に何かを言った後、自害して行き6人とも自害した後、
いつもの仏壇部屋に戻っていたそうです。
 体が自由になった祖父は、曽祖父を起こしに行き一部始終を語りました。
曽祖父はまず「そういうことも有る」と言い「刀とはそういうものだ」とも言った
そうです。
 後日、曽祖父本家と分家総出で新潟市のある寺に行き供養を済ませ、
刀も寺に置いてきたそうです。
刀の由来は、高祖の父(祖父の曽祖父)が
西南戦争に警視庁抜刀隊の隊員として従軍した際持ち帰った刀で有る事から
明治以前の事は分からず、刀については、曽祖父と祖父の叔父が残念がっていたそうです。

その祖父も今年100歳近い年齢で亡くなりました。
長文駄文を読んで頂き有難う御座いました。


ムカデ人間 [DVD]
ムカデ人間 [DVD]
posted with amazlet at 12.02.11
トランスフォーマー (2012-02-03)
売り上げランキング: 411

関連エントリー
Loading


この記事へのコメント

耳を塞いで泣くほどおじいさんの話し方が怖かったんだろうなぁ。
この話を見ただけでは泣くほど怖いとは思えんのです。

2009年03月11日水 URL #- /編集

叔父祖父曽祖父・・・時代が遡り過ぎて、途中からついていけなくなりました!

2009年03月12日木 URL #KqcAKJs2 /編集

仏壇部屋広すぎじゃないか?

2009年03月12日木 URL #WsCtjquQ /編集

「破ぁ!!」

2009年03月12日木 URL #- /編集

2008年に約100歳で亡くなった祖父=1908年頃の生まれ

その祖父が旧制高校の受験勉強をしていたという記述から、祖父の不思議体験は1924年頃の話と推定される

祖父の話を聞いた曽祖父は先ず「そういうことも有る」「刀とはそういうものだ」と祖父の話を肯定している
この発言から、その刀に“何か”あることを曽祖父は以前から知っており、それを承知でずっと保管していた可能性が高い

また、1904年の日露戦争終結から1924年までの約20年間、定期的に刀に油を引いて錆びないようメンテしていたのは曽祖父であると考えられる

それほど大事にしていた刀であるにもかかわらず、祖父の話を聞いた後日、急に寺へ供養に出している


なんか納得いかない話だな

2009年03月13日金 URL #- /編集

子供には聞かせないほうが良いと思います。恐怖が残ってしまいます。

2009年03月13日金 URL 京極堂 #- /編集

刃物には念がこもるって聞くからな。
包丁ですら気をつけろよ。

2009年04月15日水 URL #- /編集

明治以降の支給品なら、例外なくサーベル形式の
現代刀なんですが…

2009年05月25日月 URL #- /編集

抜刀隊の刀かぁ、見てみたいなー

2009年07月30日木 URL 名無し #- /編集

↑↑
「支給」されてたのは下士官だけ。将校の軍刀は自腹の私物。

で、自腹だから制式のサーベル拵に手頃な日本刀を仕込むのは普通に行われてたし
ここぞと言う時に使うつもりで、軍刀とは別に普通の日本刀をまんま持っていくこともあった。

日露戦争当時はまだ廃刀令の影響で刀が二束三文だったし
軍刀向けの特殊刀身も開発されてなかった頃だから、その辺の日本刀を軍刀にしてくのは当たり前。

2010年01月08日金 URL 774 #- /編集

コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。