日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オフ会をしよう

283 :本当にあった怖い名無し:2009/10/21(水) 19:19:07 ID:0rE37Ejy0

僕は、数ヶ月前までとあるMMORPGをやっていました。
やり始めた頃は一人でひたすらクエスト、レベル上げの繰り返しだったのですが、
プレイした時間が長くなるにつれ、レベルも高くなり、友達も増え、
僕はゲームが楽しくてたまらなくなりました。

そんな中、特に仲の良い二人の友達とオフ会をしようという話になり、
同年代、趣味も合う友達だったので、僕も喜んでオフ会に行く事にしました。
そして、オフ会の日。
僕達は昼過ぎに電車に乗って家から少し遠い他県の某ファミレスに集まりました。
その二人もちゃんと来てくれて、その後は映画を見に行ったり、
ゲームの話をしたりと、とても楽しく過ごしました。
そして、夜になり、そろそろ帰ろうと思いそれを二人に言おうとしました。
が、二人が口を揃えて
「あと一箇所だけ行きたい所がある」
と言い出したので、僕もそこに行く事にしました。

285 :本当にあった怖い名無し:2009/10/21(水) 19:23:43 ID:0rE37Ejy0

二人について行き、辿り着いた所は、廃墟になったビルでした。
僕は
「ここに行きたかったの?」
と聞きましたが、、二人共何も言いません。さっきとは明らかに様子が違います。
二人共廃ビルの中に入って行きます。僕も何か違和感を感じていたので、
「おい、なんでこんなとこに来たんだ?」
と言いました。その瞬間、僕は全てを悟りました。
二人が、ニタニタ笑いながら僕の手を掴んできたのです。
僕は命の危険を感じ、二人の手を振り払い、一目散に逃げました。
二人が追いかけて来ていたかも知れませんが、僕は振り返る余裕もありませんでした。
そして、無事駅のホームに着き、運良く終電が来ていたので僕は電車に駆け込みました。
安心して、僕はふと外を見ました。
すると、そこには物凄い形相でこちらを睨む二人がホームにいたのです。
もしも電車が来ていなかったら、僕はどうなってしまっていたのか。
僕は、その日からあのゲームをやっていません。


REC[レック:ザ・クアランティン] 2 ターミナルの惨劇 [DVD]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2011-10-26)
売り上げランキング: 7075

関連エントリー
Loading


この記事へのコメント

待ってましたぁああああ!!!

2009年11月09日月 URL #- /編集

更新待ってました!ご無事でなによりです。

2009年11月09日月 URL #- /編集

復活ktkr

2009年11月09日月 URL #- /編集

危ない時はデジョンだろが
なければエスケプ

2009年11月09日月 URL   #L9FLFt/w /編集

更新待ってましたああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!11111111111111111111111

2009年11月09日月 URL #- /編集

待ってましたああああああああ!!!
やっと更新きた!!

2009年11月10日火 URL F* #- /編集

更新ktkr!!!!
待ってましたあああああああああ!

2009年11月10日火 URL #- /編集

今年も冬頃にくるんじゃないかと思ってました

2009年11月11日水 URL    #JXoSs/ZU /編集

更新乙

2009年11月13日金 URL #- /編集

まじ待ってて良かった!!!!!!!!!!

2009年11月14日土 URL #- /編集

コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。