日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

声の主

87 :本当にあった怖い名無し:2009/10/14(水) 11:46:43 ID:UG3uNC0mO

小学生の頃。
俺ん家の近くに牧場ってか農園があった(今はもう無いけど)
臭かったけど牛と戯れてるのが好きだった。

焼肉とか精肉業もしてて牛をその場で殺して肉にする事もしてた。
そんな折に殺される牛の入ってる牛舍でこれから肉になる牛をじーっと眺めてた。
最期だから後ろに生えてる菜の花でも食べさせてやろうと牛に背を向けたら


「・・・おまんがおらをくうのんか?」


って聞こえた。
最初、誰だ?と思って振り返ったけど誰もいなかった。
でも声の主が俺には一瞬でわかった。


その牛が確かに笑ったんだ。
にやぁ、って気持ち悪いくらい口角あげて、
「ひひひ・・・」って。
はっきり笑ったってわかるくらい。

俺はそのまま立ちすくんでて、農園のおじさんが来るまで気がつかなかった。気絶してたのかも。

気がついた後は顔を涙でくしゃくしゃにしながら農園のおじさんに事のいきさつを話したら、
「牛は食べてもらう人は選べんわなぁ。」
って話し半分に聞いて笑ってた。


ジョージ・A・ロメロ BOOK OF THE DEAD [DVD]
ファインフィルムズ (2011-10-05)
売り上げランキング: 62922

関連エントリー
Loading


この記事へのコメント

>当サイトは恐怖と皆様のほんの少しの優しさでできています。

べ、別にブックマークしてRSSも登録して更新を楽しみにしてるわけじゃないからねっ!

2009年11月13日金 URL #- /編集

このサイトの雰囲気が大好きだ

2009年11月13日金 URL #- /編集

これを見て、妖怪の件が頭に浮かんだ

2009年11月13日金 URL #- /編集

牛はただ「いつも遊びにきてくれるお前に食われるなら嬉しいぜフヒヒ」って笑っただけなのでは
と良い方に考えてみる

2009年12月10日木 URL #- /編集

コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。