日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後の挨拶

100 :本当にあった怖い名無し:2009/10/24(土) 12:03:03 ID:6s4b1LFf0

高校2年の夏休み、俺は部活に出ていた。
文芸部室はクーラーが効いるのでとても過ごしやすい。
昼飯を食べてウトウトしていると、ドアの前に教頭先生が立っていた。

「あ、こんにちは」

俺が挨拶をすると、軽く微笑みながら片手を上げ、そのまま部屋から出て行った。
何をしに来たのだろうかと思ったが、家に帰る頃にはそんな事など忘れてしまう。

夏休みが終わり、校長が訓話を始める。
その話は「8月14日に教頭先生が病没された」という内容だった。

俺が教頭先生に会ったのは20日あたりだった筈。
色々と話をした先生だったけど、最後の挨拶に来てくれたのだろうか?

ちなみに、教頭先生に会った人は複数いる。
技研部の部長は「教頭の後ろ姿を見た」と言っていた。




封印映像7 練炭自殺の女 [DVD]
ビデオメーカー (2012-03-02)
売り上げランキング: 32851

関連エントリー
Loading


この記事へのコメント

いち

2009年11月16日月 URL #- /編集

2009年11月16日月 URL よくわかる名無しさん #amcITFuo /編集

コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。