日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

数年前に有名なお寺で厄払いしてもらった時、私が体験した話。

389 :本当にあった怖い名無し:2009/11/17(火) 22:57:10 ID:NqXMSQRLO

数年前に有名なお寺で厄払いしてもらった時、私が体験した話。



その年は、私を含め家族のうち何人か厄年か前厄だということで、お寺でお祓いをしてもらうことになった。
どうせなら有名なお寺に行って観光がてらしてもらおうという話になり、CMもやってる有名な某寺に決めた。
当日、着いて受付を済ませると10人くらいまとめてやりますからと言われて案内された。
この辺はうちの菩提寺みたいに個人的に丁寧にとはいかないんだなーこんなんで効くのかなーと疑心暗鬼だった私。
まあやってもらわないよりは気休めになるし、何より有名なお寺の内部が見れるのでwktkして入った
んで、待合室?なのか2つの部屋の襖を開け放った広いお座敷に通されて順番を待つことに。
既に部屋には10人くらいいて、大人はそれぞれ喋ってるし子供が1人キャッキャとはしゃいで走り回ってうるさい。お母さんらしき人も隅に座ってるだけで怒る気配がなかった。
用意されていたお菓子を食べてお茶を飲んで待っていたら、すぐに順番が回って来た。

続きます

390 :本当にあった怖い名無し:2009/11/17(火) 22:59:00 ID:NqXMSQRLO

みんなでゾロゾロと本殿(?)に入って、順番に用意されていた座布団に座った。
真っ正面にでかいキャンプファイヤーみたいに火が焚かれて、いかにも儀式!な雰囲気でちょっとテンション上がった。
ふと右側を見たら、さっきはしゃいでた子供とお母さんが手を繋いで壁際に立ってる。
座布団足んなくて持って来るの待ってんだろうなって思ってそれきり見なかった。
すぐに読経が始まって、なんかお線香を頭の上でふりふりされたり(煙かけてるっぽかった)して、やがて順番に名前呼ばれた。
呼ばれたら前に歩みでて、なんかむにゃむにゃ唱えてもらって、キャンプファイヤーの周りを迂回して後ろのお勝手口?から出て終了。
出るときに、そういえばあの親子は座れたかなと思ってちら見したらいなかった。
座布団の方は見なかったけど座れたんだなと判断。

それからお寺で売ってるお団子買ってみんなで食べながら、感想を言い合った。

私「滅多に見られないもの見れて面白かった」
父「効いたか?w」
私「すぐにわかるかwでも効かない気がするなー。お客さんの座布団足りないとかちょっとサービス悪い気がする」
父「座布団?全員座ってたぞ」
私「だって壁際に親子立ってたよ。ホラ、待合室で騒いでた男の子と、お母さん」

家族が黙り込んだ。
なんなんだと私が聞くと、母がそんな人はいなかった、と言った。
あれだけ騒いでたのだから見てるだろうと、祖母、母、父、妹全員に確認したが、私以外に誰もあの親子を見ていなかった。
彼らが誰かはわからないけど、本当の人間か、もしくは厄そのものでお祓いによって消えたのであって欲しい。
でないと怖い。


隣之怪 四談 ダレカイル [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ (2007-07-20)
売り上げランキング: 50573

関連エントリー
Loading


この記事へのコメント

別に怖くないと思う。

2009年11月23日月 URL #- /編集

コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。