日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺んちの隣の物件が洒落にならんのだけど。

602 :本当にあった怖い名無し:2009/11/23(月) 10:33:11 ID:gMMkQp680

俺んちの隣の物件が洒落にならんのだけど。

見た目は普通の2階建て、何の変哲もない家なのよ。
借家じゃない。普通の一戸建ての売り家。
でも、そこに住む人々、どういう訳か、みんな不幸になって出て行くのよ。

俺が子供の頃、その隣家には、夫婦と小学生男子の3人家族が越して来て、その男子は俺より1つ年上で、隣同士ということもあって仲良くなった。
その家族が越して来て2年半くらいした時かな、旦那さんが経営している店が潰れちゃったとかで、借金が出来てその家も売らなきゃいけなくなって、結局どこかに引っ越して行ってしまった。
せっかく仲良くなって、友達でもありお兄さんでもあった隣の男子と別れるのは寂しかったな。
それが小学4年生頃の話。

その後、空き屋になっていたんだけど、1年くらいして、今度は中年の夫婦が越して来た。高校生の息子が居るらしい。
さすがに俺は小学生だったし、相手は高校生だから、その家の子とは話はしなかったが、うちのお袋とその家の奥さんとがスゲー仲良くなって、その後は近所付き合いしてた。
でも2年くらい経った時。
その家の高校生の息子が暴走族みたいなのに入っていて、そこでかなりヤバイ傷害事件を起こしてタイーホされてしまった。
それが新聞とかにも載っちゃったもんだから大変。
それが原因で息子さんは高校退学になるし、傷害事件の賠償問題とかでかなりの借金も背負ったらしく、それで夫婦仲も悪くなってしまったようで、最後は家庭崩壊。
結局一家離散みたいな形で出て行ってしまった。

俺が中学生になった頃には、今度は独身のオッサンが越してきた。
サラリーマンだったみたいだが、朝早く出社し夜遅く帰って来るような人だったので、当然近所付き合いもゼロ。
で、そのオッサン、1年くらいした時に、変死。
家でぶっ倒れていたのを、何日も出社して来ないから不審に思って駆け付けた同僚が発見したらしい。


603 :本当にあった怖い名無し:2009/11/23(月) 10:34:00 ID:gMMkQp680

その後2年くらい空き屋になっていたんだけど、俺が高校生の頃に、若夫婦が越して来た。子供は居なかった。
でもすぐ妊娠がわかり、近所でも「おめでとう」「良かったね~」なんて祝福ムードだった。
が、その奥さん、その家で階段を踏み外して転落。流産してしまった。
それが原因なのか、夫婦仲が冷めてしまったようで、旦那さんも外に別の女作ってしまったようで(奥さんがノイローゼになって自分から旦那の悪口を近所に言いふらしていた)、結局離婚してしまったらしい。
また空き屋になってしまった。

いい加減、この辺りで不審に思えて来るが、それでも越して来る人は居る。

次に越して来たのは老夫婦。
ここまで来ると俺も近所の人達も「ああ、また・・・」と嫌な予想をしてしまう。
で、案の定、2年後に旦那さんが胃ガンを発病。
しかもかなり進行していてガンの転移もあったらしく、普通の病院では治療が不可能とのことで、遠くの病院に入ることになって、看病が必要なこともあり、その病院のある町に引っ越して行ってしまった。

ここまで来るとさすがに近所でも評判の、「住むと不幸になる家」として恐がられるようになる。

ところが不思議と、何故かこの家を買おうとする人が後を絶たない。
空き屋になると、すぐ別の客が下見に来る。
どうやら不動産屋が売値をかなり安く設定してあるらしいんだけど、まあこれだけ不幸が続いていて悪評判の家だから、値段が安くなるのも当然と言えば当然なんだが。
しかしそれを怪しまずに買おうとする人が居るのも事実で、やはり値段には敵わないんだろうな。
直接幽霊を見たとかいう話は聞かないんだけど、絶対に何かの地縛霊とか取り憑いているとさえ思えてくる。
つーか、不動産屋もお払いとかしているのか?


604 :本当にあった怖い名無し:2009/11/23(月) 10:34:42 ID:gMMkQp680

俺んち含めて、近所の人達はいい加減この物件に人が住む事を恐れている。
が、それでも下見に来る人は後を絶たない。
でもその家を買おうと思って下見に来る人を、まさか「この物件は住むと不幸になるからやめた方が良いよ」と言う訳にもいかないし、どうしようもない。

その後は同棲カップルみたいなのが住んだけど、またわずか半年で出て行った。
原因は知らん。
ここまで来ると、もう原因なんてどうでも良くなって来る。


で、半年前、また引っ越して来たよ。

今度は水商売している風の若夫婦。小さな子供も2人居る。
その夫婦、ここ3ケ月前からやたら夫婦喧嘩が絶えないんだよね。
最近では深夜に毎日怒鳴り声が聞こえる。子供も泣きわめいている。
早速「不幸」になる兆候が現れ始めている模様。
この分だと、恐らく来年には、また空き屋になっている事だろう。

次にこの家を買おうとする人、マジやめといた方が良いよ。
住むと絶対に不幸になるから。
東京郊外での一戸建て物件探しをしている人は気を付けてね。
下見に行った時、近所の人が渋~い顔していたら、その家がそうかもしれないから。

おわり


フロム・ダスク・ティル・ドーン [Blu-ray]
ワーナー・ホーム・ビデオ (2012-02-08)
売り上げランキング: 166

関連エントリー
Loading


この記事へのコメント

初1げとー☆

2009年11月24日火 URL #SFo5/nok /編集

幽霊が出てこない分リアルに怖い。
呪怨みたいな家だな・・・

2009年11月24日火 URL あ #JalddpaA /編集

まるでこの家が人を食うために人をひきつけてるように思える

2009年11月24日火 URL #- /編集

ヤバいだろ、この家。見えない何かが作用している恐怖。これ形の話で久々にゾクッとしたよ。

2009年11月24日火 URL #JalddpaA /編集

そうかい?安い賃貸なんてこんなもんだよ。
普通に暮らすことって意外と難しくて意外と幸せなことだよ。
ってばあちゃんが言ってた。

2009年11月24日火 URL #- /編集

賃貸じゃこういうところも結構あるが(生保専門の
アパートとかな)、これは売り家だって言うのが怖い

2009年11月25日水 URL #- /編集

記事の中身が事実なら、何となくだが。

地鎮祭をきちんと行ってないような気がする。


2009年11月25日水 URL 通りすがり。 #- /編集

今住んでいる家族の、その後が気になる。

2009年11月25日水 URL #1Nt04ABk /編集

まあ、何でもいいが胃がんのやつは胃がんのやつが来ただけだろ。そんな2年やそこらで転移がんになるわけもなし。

2009年11月26日木 URL            #- /編集

0241はガンに対する認識が甘い。ガンは人によってはすぐ転移する。特に肺と肝臓には転移し安い。二年どころか半年も放っておけばかなりの確率で転移する。

2009年11月26日木 URL #JalddpaA /編集

最初の二つ見て、結局はコイツの家族に関わった家族は不幸になるんだなって思ったら、
本当に家がそういう魔性の家というか、人喰い家というか、そんな感じの家だったんだな
結構リアルだな

ただ一番気になるのは独身のオッサンの件
変死って…借金の方が何となく良かった?気がする。

2009年11月26日木 URL 創造力有る名無しさん #- /編集

字小さすぎて読む気しない

2009年11月26日木 URL VIPPERな名無しさん #- /編集

甚目寺の呪いの家と共通点が多いな。

神社と寺と墓場を線で結んでその中に家を建てるとダメらしい。

霊道ができるそうで家相的に最悪だとか。

2009年11月29日日 URL #- /編集

コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。