日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山奥で小さな集落を見つけた。どこを向いても人っ子一人見当たらない。

325 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2009/10/02(金) 21:37:42 ID:9WZ2f44S0

知り合いの話。

山奥で小さな集落を見つけた。
それなりに手入れされた田や畑があり、家屋にも生活感があったが、どこを
向いても人っ子一人見当たらない。



何となく落ち着かない気持ちで歩いていると、村の中央、少し開けた場所に
掲示板らしき物が立てられていた。

ボロボロになった農暦と、もう一枚新しい紙が貼り付けられてある。
人の名前がズラリと並べられていて、何かのリストみたいだ。
一番上に「行方不明の者」との記入があった。
・・・こんなに大人数が行方不明になってるっていうのか?

その時、どこからかボソボソと話し声が聞こえてきた。
「誰かいますか?」大声を張り上げたが、何の反応もない。
しかし話し声は続いている。

視線をあちらこちらに飛ばしている内、リストの最下段に目が吸い付いた。
先程までなかった筈の文字が一つ、新たに加わっている。
墨で書かれたみたいな、少し濡れた文字。
彼の苗字の最初の一文字だった。

ここにいてはいけない!

なぜかそんな思いに駆られ、後も見ずに逃げ出したのだという。
幸い道に迷うこともなく、麓まで無事降りられたそうだ。

「そのままそこにいたら、どうなってたんだろうな?」
そう問い掛ける私に彼は顰め面で答えた。
「知らん。考えないようにしてる」


326 :本当にあった怖い名無し:2009/10/02(金) 21:38:55 ID:9WZ2f44S0

(続き)
後日談。

この話を聞いて後、別の仲間と一緒に、その集落があったという山へ
出掛けたことがある。

そこには自然に帰りかけている随分と古い廃村があったのみで、
掲示板などどこにも見当たらなかった。
見当たらなくて、少しホッとした。


光る眼 (初回限定生産) [DVD]
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン (2006-07-28)
売り上げランキング: 48385

関連エントリー
Loading


この記事へのコメント

怪物王女の赤錆村の元ネタかね

2009年11月29日日 URL #- /編集

怖いな・・・

2009年12月11日金 URL #- /編集

コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。