日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祖母が教えてくれた話があるので書かせてもらいたい。

861 :本当にあった怖い名無し[sage]:2009/08/06(木) 00:30:05 ID:7Ub512rNP

少し昔の話になるが…。某山の事故を見て、祖母が教えてくれた話があるので書かせてもらいたい。


俺の祖母の妹は、50代のときに山で遭難して亡くなった。一緒に登った息子も助からなかった。
当時、幼児だった俺は、25歳ぐらいだった息子(俺にとっては伯父)にはよく遊んでもらったんで、わけがわからないながらも悲しかった。

その2人の通夜のときに奇妙なことが起きたんだと。
お寺さんの読経の間、祖母の妹の棺桶がガタガタと揺れたらしい。
奇妙に思って親族一同でのぞくと、死んでるはずの妹が寒そうに震えていた。唇なんか、死化粧してたはずなのに真っ青だったってことだ。
伯父たちは大雨に見舞われての寒さで死んだということだったから、まだその記憶が残ってるんだね、と、親族は体をさすったりしてやって慰めたらしいが、そこで祖母の妹の旦那が号泣をした。

旦那は、伯父たちが山に向かう準備で、リュックにセーターを詰めているのを見たときに、
「いくら山だからって、夏にそんなもの要るか。荷物になるから置いてけ」
って、半ば強引に置いていかせた。そのセーターがあれば、あるいは、祖母の妹と伯父は助かったかもしれなかった…。

親族は棺桶の中にセーターを入れてやったんだってさ。
そういえば、おぼろげに記憶にあるんだ。荼毘に付すときのこと。
今から焼かれるっていうのに、みんなは何で、伯父さんにセーターなんか着せてあげてるのかなって思ったこと。


ミュータント・ゾンビ・オブ・ザ・デッド [DVD]
有限会社フォワード (2011-11-25)
売り上げランキング: 18164


関連エントリー
Loading


この記事へのコメント

山を甘く見てはいけない。

2009年11月29日日 URL ろぼ #- /編集

それ実はまだ生きてたんじゃないか?
そのまま火葬・・・こえぇ。

2009年11月30日月 URL 名無しさん@お腹いっぱい。 #- /編集

↑ねーよwww

夏の山でも凍死ってあるらしいからなあ
山は怖いね

2009年12月10日木 URL #- /編集

自分も生き返ったのかと思って
焼いちゃったの!?って
そっちにgkbrしたw

2010年01月12日火 URL #uaIRrcRw /編集

コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。