日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年のベンガラは、なかなかいい出来だ

71 :名無し募集中。。。:2009/12/04(金) 23:41:01.08 0

 諏訪の出身です。
 小学校入学前(20数年前)、明け方物音で目が覚めて表を見ると、物置(というか倉)の周りを
大人の男の人が何人も取り巻いていました。その後ろに白いワゴン車が止まっていて、
わたしはなにか事故でもあって救急車でも来たのかと思い、じっと見ていました。



 暫くして物置の戸が開いて、父と叔父さんが出てきました。白っぽい着物を着た人を
両脇から支えていて、その人の顔のあたりが妙に赤いので、一瞬怪我人なのかと思いました。
 しかし、そうではありませんでした。その人は、たしかに姿は人間でしたが、顔は土偶というか、
お面みたいで、茹でたエビみたいに真っ赤だったのです。
「おう、今年のベンガラは、なかなかいい出来だ」
 周りの誰かが言いました。
 ベンガラは父と叔父に支えられ車に乗せられました。自力で歩いているようでした。
その時には、手も足もむき出しで、やっぱり真っ赤でした。
 父は周りにいた人に深々とお辞儀をし、男たちも礼を返し、そそくさと帰っていきました。
 わたしは、見てはいけないものを見たのだと、本能的に思い、このことは絶対に口外しませんでした。
 それでも、その後、茹でたエビ・カニ、堆朱なんか見るとふとこの出来事を思い出し、
いやな気分になったものです。

 先月、叔母が亡くなりました。父とベンガラを運んでいた叔父の奥さんです(父、母、叔父
すべて故人です)。最後に会ったとき、叔母がエビセンの袋を握っているのを見て、
ふとこの件を思い出し、話をしてしまったのです。
 叔母は当たり前のように
「昔は、どこの家でも造ってたけどねえ。もうないだろう」
 と言うのです。
「ベンガラだっけ?」
「そう。水銀使うからねえ、紅殻って言うんだけど、酷いことしたもんだねえ」
 つぶやくように言ったとたん、首をふって、後はだんまり。その後すぐ、亡くなりました。
 諏訪地方の出身のかた、20数年前は当たり前の風習だったらしい、
紅殻というものをご存知ですか?


ヘル・ドライブ [DVD]
ヘル・ドライブ [DVD]
posted with amazlet at 12.02.11
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2012-03-07)
売り上げランキング: 68802


関連エントリー
Loading


この記事へのコメント

マウンテンバイクさんか
懐かしいな

2009年12月06日日 URL #- /編集

面白いんだけどねぇ
いちいちセリフがラノべ臭いというか

2009年12月06日日 URL #- /編集

ttp://s.freepe.com/std.cgi?id=hollyword8&pn=36

元ネタはこれか?
もうちょっと違うパターンが欲しかったな。

2009年12月06日日 URL #- /編集

元ネタは創作の怪談(それも結構微妙な)を書く
マウンテンバイクってコテの作品だよ。
他にもいくつかあった。
2000年代前半くらいか?

2009年12月06日日 URL #- /編集

この話、前にも取り上げていませんでしたか?
別のブログかな

2009年12月10日木 URL #- /編集

デンガラかベンガラかしらないけど 古民家とかの柱が赤いのはデンガラをカキシブで溶いた 漆みたいな物を塗っているから

2010年02月07日日 URL #- /編集

コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。