日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺が小学生の頃の実話。上級生5人で肝試しをしようということになった。

751 :1/2:2007/09/12(水) 20:56:15 ID:zzM1bmye0

俺が小学生の頃の実話。

俺の故郷はすごく田舎で、山に囲まれた、いわゆる過疎地だった。
ある夏休み。当時十数人しかいない村の小学生のうち、上級生5人で
肝試しをしようということになった。


と言っても小学生だから、何のことはない。
夜9時頃に、村の隅にある墓地まで行こう、というだけ。
むしろ墓地の隣に住む、戦争で左腕を失った偏屈じいさんの方が怖いくらいだ。

夜。片腕のじいさんはもう寝たらしく、家の明かりは付いていない。
田舎だから街灯なんてものもなく、辺りは真っ暗で、それなりの雰囲気を醸し出していた。

怖さを紛らわすため、皆でギャアギャア言いながら墓地に向かった。
と、先頭を歩いていたヤツがボソッと呟いた。

「何か聞こえる」



752 :2/2:2007/09/12(水) 20:57:41 ID:zzM1bmye0

耳を澄ますまでもない。すぐ近くで「ポクポクポク」と、木魚の音がする。
そして、低音の人の声。それは明らかにお経だった。
声の方向に目をやると、墓の前に人が座っている。

「うわああああ」

と、大声を出しながら、皆一目散に逃げ出した。


翌日。さすがに5人が同じ話をするから、子供の戯言と放っておけなかったのだろう。
大人たちが集まって、原因を探ったらしい。

そして出た結論は、「あの片腕のじいさんが、夜な夜なお経を読んでたらしい」というものだった。
夜中に墓の前でお経はおかしいだろ、とは思えど、あのじいさんならあり得る。
そういう結論で、その場は収まった。



しかし…俺ははっきり覚えてるんだ。

「左腕」で木魚を叩く、人の姿を。


フライ・オブ・ザ・デッド [DVD]
トランスフォーマー (2011-12-22)
売り上げランキング: 41176

関連エントリー
Loading


この記事へのコメント

法事の時坊さん右手で叩いてたなあ
宗派の違いか?

2009年12月08日火 URL #- /編集

爺さん左腕なかっただろ

2010年01月03日日 URL #- /編集

コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。