日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パソコンルームみたいな部屋に、1人で残ってた事があった。

641 :本当にあった怖い名無し:2009/12/07(月) 17:47:12 ID:Vvs5xhxZ0

中学生の頃、インターネットがしたくてパソコンルームみたいな部屋に、1人で残ってた事があった。
(当時はADSLが普及し始めた頃で、俺の家は未だにダイヤル接続で金が掛かるので、学校でネットをしてた)



多分エキサイトチャットだったと思うんだけど、たくさんある部屋の中で、
適当にチャットを楽しんでいたんだが、いきなり、aaaaaなどと連打する荒らしのような奴が入ってきた。
誰かが入ってきたら、こん!とか、おはつです 。という簡単な挨拶をするのだが、そいつはずっと、aaaaaaとか
aaaaaaaaaaaaaaとだけ入力してくる奴なので、みんな???と思ったのか、最初はスルーしてた。
しかし、あまりにしつこく、連続で入力しだして、そのうち「うぜぇ。止めろ馬鹿」とか、「何がしたいの?」と注意する人もいた。

俺は、荒らしを見るのが初めてだったので、静観してたのだが、そいつはaaaaaa!!!!!と入力を続ける。
そして、10分ぐらいaaaaと続けた後、 hanadeKameganesine とだけ入力して退席した
「はなでかめがねしね って何?」「意味分からん。キモ過ぎ(笑)」と笑われる中、俺はすごく恐くなった。
はなでかめがね って言うのは、俺が中2病全開の当時、自宅のノートに小説を書いてて、そのペンネームだったから。
しかも、Kだけ大文字にしてた所まで同じ。
学校にも持ってきたこと無いし、兄弟もいないので見られることもない。恐くなって、小説書くの止めた。


H.G.ウェルズの奇蹟人間 [DVD]
WHDジャパン (2012-02-24)
売り上げランキング: 10430

関連エントリー
Loading


この記事へのコメント

似た趣味の中2病の奴がいたんだなw

2009年12月11日金 URL #- /編集

コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。