日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺に顔が瓜二つのやつがいたらしい。

403 :本当にあった怖い名無し:2009/12/06(日) 12:18:04 ID:r61UWgsnO

前に親から聞いた話しなんだけど、怖くもないし文章も下手なので暇つぶし程度にどうぞ。

俺の母親の田舎は静岡にあるんだけど、その静岡に住んでいたらしい俺のはとこの話を1つ。



俺の祖父は11人兄弟の生まれで親戚の数が多く、
俺にもたくさんのはとこがいるらしいんだけど、みんな住んでる所がバラバラで
実際に会ったことのある人なんてせいぜい1人か2人程度。


その大勢いるはとこの中で、ちょうどおれと同じ歳くらいのやつに一人、
俺に顔が瓜二つのやつがいたらしい。

実際に俺はその子を見たことないので分からないが、
母親曰く親戚連中はその子と俺を見分けるのに一苦労してたり、
祖母もその子を俺だと思ってずっと俺の名前で呼び続けたりしたことがあるくらい。
仕舞いには、その子が祖父の家を訪ねた時に飾ってある俺の写真を見て、
何で自分の写真が飾ってあるのかと疑問に思ったほどらしい。


続く。


404 :本当にあった怖い名無し:2009/12/06(日) 12:20:03 ID:r61UWgsnO

続き。


それで結局、その子は面白がって俺の写真を家に持ち帰ったらしいんだが。

その数日後に、その子の母親が学校に用事があったもんで学校に出向いたらしいんだが
生徒の下校時刻と重なってしまい、その子(当時、小学1年生だった)
が心配するといけないと思い家に電話を掛けたんだと。
すると、その子が出たので学校の用事で遅くなる旨を伝えて電話を切ったんだけど

母親が学校の用事が終わって家に帰ると、家の前の通りに人だかりが出来ているのが見える。
何事かと思って見てみたら、その子がランドセル背負ったまま血だらけで倒れていたらしい。

どうやら車にはねられたらしく、もうその時には息は無かったそうだ。

先に帰っていたその子の兄貴によると
どうやら電話があった後にその子が母親を迎えに行こうとしたのを一回兄貴が止め
兄貴が友達の家に遊びに行った後に母親を迎えに出掛けたところを車にひかれたのではないかとのこと。

結局その子は即死で、助からなかったらしい。




という話。

別に怖い話じゃないかもしれないんだけど、たださ俺の写真見た数日後に死ぬってのは何か不気味。
って思ったので載せてみました。


ヘル・オブ・ザ・リビングデッド -デジタル・リマスター版- [DVD]
エスピーオー (2011-07-27)
売り上げランキング: 38078

関連エントリー
Loading


この記事へのコメント

なにこれ?

2009年12月10日木 URL #- /編集

最初の文が本当だった。

2009年12月10日木 URL #- /編集

小学生からやり直せ

2009年12月10日木 URL 依存症さん@_@ #- /編集

黒神?

2009年12月11日金 URL #- /編集

なんで一回家に帰ったのに、ランドセルしょってるのだろう。

2010年01月07日木 URL #- /編集

コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。