FC2ブログ

日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

「曽根さん」

40 :名無し募集中。。。:2007/06/29(金) 23:51:01.31 0

小学3年生の時
仲良しの同級生「曽根さん」と他愛の無い遊びをすることになった。
下校時に「曽根さん」の後を見つからないようについて行く・・ただそれだけの
申し合わせをした。・・そんな遊び。

「曽根さん」はずんずん前をゆく。いつもと違う下校ルートを進む。
迷わせるためと思ったがこちらにも土地鑑があるので楽についてゆく。
そのうち20メートルほど先の下り坂に差し掛かった「曽根さん」。
こちらのほうを一瞬振り返ったがすぐに坂をくだり姿が視界から消えた。
急いで後を追い駆け出した私。ところが下り坂につき見渡すと150メートル程はある
坂道の何処にも曽根さんの姿はない。
両側は住宅が立ち並び、何処にも隠れる場所はない。一気におりて逃げるにも
「曽根さん」の足の速さでは不可能な距離・・なんとはなしに「ゾクゾク」する感覚を
覚えた私。何度も探しまわったが諦めて帰った。
次の日、登校した「曽根さん」に尋ねると・・・
・・・「あの坂道のずっと前のからその方面の道順は通ってない」と言う。
自分も跡を追ってこない私を心配して探していた・・・と。
 あの坂道でみた「曽根さん」は何?30年近くたっても忘れられないんです。
関連エントリー
Loading


この記事へのコメント

ドッペルゲンガーだ。

2007年07月29日日 URL アール・アール #- /編集

後のギャル曽根である

2007年08月02日木 URL   #- /編集

ギャル曽根さんにそんな過去が

2007年09月27日木 URL #- /編集

コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)