日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

釣り仲間と二人で、沢釣りに出かけた。

122 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2009/12/11(金) 21:35:12 ID:VahUBvCy0

友人の話。

釣り仲間と二人で、沢釣りに出かけた。
いつもとは違う場所で釣ってみようと散策しているうち、良い感じの淵が見つかった。
あまり人の来ない場所なのか、入れ食いのように釣れたそうだ。



夢中になって竿を振っていると、急に手応えが重くなった。
根掛りでもしたかと思ったが、力を入れるとゆっくり引き戻ってくる。
高い竿を折っては面白くない。
竿を下ろして手でラインを引っ張り、回収することにした。

しばらくそのまま引っ張り続けていたが、段々気味が悪くなってきた。
こんなに長く糸を送ってはいない筈だけど。
しかし糸は延々と淵の奥方から引き出されてくる。
憑かれたように、彼は糸を引き続けた。

いきなり連れが大声を掛けてきた。
「お前、何を引き摺り出してるんだ!?」

ハッとして手元を見ると、手の中にあったのは、5ミリ程もある太い何かだった。
明らかに釣り糸ではない。黒くて僅かに弾力を感じる。
連れに指摘されるまで、彼はラインがどんどん太くなっていることに気が付いて
いなかったらしい。


123 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2009/12/11(金) 21:36:08 ID:VahUBvCy0

(続き)
慌てて手の中の物を放り出す。

次の瞬間、足元に積み上がっていた太い紐が、凄い勢いで水中に引き戻された。
ラインはあっという間に淵の中へ姿を消し、置いていた竿も没して見えなくなる。

しばらく二人で呆然と水面を見やっていたが、やがてぷかりと、彼の竿だけが
浮かび上がってきた。
恐る恐る引き寄せてみると、糸は切られていてほとんど残っていなかった。

「・・・お前、何かに釣られかけたんじゃないか?」
連れが渋い顔をして聞いてきたが、答えようもない。
すぐにその場から撤退したのだという。

以来、その淵の近くには寄らないように注意しているのだそうだ。

クライモリ デッド・リターン [DVD]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2012-03-07)
売り上げランキング: 41231

関連エントリー
Loading


この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。