日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

以前は電車の運転士をしていた。で、一度だけ遭遇した人身事故。

126 :本当にあった怖い名無し :2007/09/30(日) 14:53:04 ID:CuKiKVogO

俺、今は塾経営しているけど、以前は電車の運転士をしていた。
で、一度だけ遭遇した人身事故。
場所は年に10回は自殺のある踏切で、その人もやはり自殺だったらしい。


そのとき俺は特急を運転してたんだ。
その踏切の手前には駅があって、結構なお客様がいたので、警笛一声鳴らして通過した直後、踏切の左から人が入って来た。
黒い長髪に眼鏡、カーディガンにロングスカートの綺麗な若い女性だった。
彼女と目があった次の瞬間、彼女はこの世から消えた。
300mほど行ったところで電車は止まり、俺は無線に一報を入れてから現場に走った。
最早跡形もなかった。
駅のホームや踏切のまわりからは悲鳴が聞こえ、中には失神する女性もいた。
俺も一瞬何がなんだか分からなくなったが、取り敢えず二人の車掌と規定どおりに彼女の残骸を集めた。
警察が来て現場検証が行われている最中、我々乗務員と運転室上の展望席にいたお客様は警察官に当時の状況を聞かれた。
展望席に座ってみえたお客様は女子高生で、放心状態。俺はようやく平常心を取り戻してきていたので落ち着いて話せたが、女子高生は何も話せないどころか、気分が悪いと救急車で搬送。
その後、事情聴取の為に警察署まで来てくれとのことで、俺は運転室に鞄を取りにいった。
だが、俺が鞄を持ち上げようとしても持ち上がらない。中身は軽いものばかりなのに、何故かダンベルの如く重い。
一度手を離しもう一度持ち上げると、それは難なく床を離れた。
狐に摘まれた気分で運転室を出ると、電車の側面は赤い塗装の上から血を被っていた。
俺は踏切上で手を合わせ、パトカーに乗り込んだ。


ファイナル・デッドブリッジ Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)
ワーナー・ホーム・ビデオ (2012-02-08)
売り上げランキング: 106

関連エントリー
Loading


この記事へのコメント

昔と違って、いまは乗務員が遺体に触れてはいけない

2009年12月17日木 URL 呪 #- /編集

その後、誰が当該を運転したんだ?

2010年01月09日土 URL #- /編集

運転士が人身事故にあって駅や車掌と実際に遺体の処置をする事は当然あるが、警察の事情聴取にその場で行くなんて事はありません。創作か?

2010年05月07日金 URL #- /編集

車掌と交信しないで防護発砲を失念してそのまま向かったとは
もう少しうまい釣り話書けよ

2010年10月12日火 URL #- /編集

このコメントは管理者の承認待ちです

2014年04月04日金 # /編集

コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。