日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうやら自分は、やたら耳が良いらしい。

507 :本当にあった怖い名無し:2009/12/15(火) 08:17:04 ID:hS7l1AU70

 どうやら自分は、やたら耳が良いらしい。
コウモリの鳴声なんか、フツーに聞こえてた。



こんなことがあった。
 小学低学年だったころ、みんなでキャッキャッはしゃぎながら
追いかけっこやなんやで遊んでたら、
小鳥の甲高い声(悲鳴?)が聞こえたんだ。
 みんなに言っても、キョトンとしていた。
自分だけにしか聞こえないようだ。


508 :本当にあった怖い名無し:2009/12/15(火) 08:18:38 ID:hS7l1AU70

 無視してまた遊び始める友達から離れ(←確実にここでも友達失う)、
その辺を捜したら、 斜め向かいの家とその向こうの家との壁の間で、
見たことのないセキセイインコが野良猫に襲われてた。
駈け寄る自分を見たインコが、もう一度だけ鋭くピィーッ!て鳴いた。
 それは自分の頭ん中で「助けて!」って即変換されてた。
 思わず、あっちいけ!と靴を投げて猫を追い払い
地面に羽を広げてるインコをすくい取った。
手に血が流れ落ちるのも気にならなかった。


509 :本当にあった怖い名無し:2009/12/15(火) 08:19:53 ID:hS7l1AU70

 インコの背中は、猫にえぐられて血溜まりになっていた。
その血溜まりに真っ赤な小さい肉片が、ぴくぴく激しく動いていているのが
ちょっと見えた。
 今考えると、その肉片って心臓だったんだと思う。
手のひらから見上げたインコの、ほっとしたような顔が忘れられない。
そのままゆっくり自分の手のひらに頭をもたせかけて、
インコはをぐったりと目を閉じてしまった。


510 :本当にあった怖い名無し:2009/12/15(火) 08:20:57 ID:hS7l1AU70
 あとは泣きじゃくりながら、おかんのところに
血まみれの小鳥を差し出したことしか、よく憶えていない。
 たしかそいつの墓は、前に住んでいた家の軒下に作ったはず。
この間行ったら、もうそこは駐車場になっていた。

 なんだかな。
結局は、鳥も猫も自分も、なんにも救えなかった話だ。


女子高生のはらわた [DVD]
TOブックス (2012-01-27)
売り上げランキング: 3311


関連エントリー
Loading


この記事へのコメント

カクテルパーティ効果乙

2009年12月19日土 URL #- /編集

猫は怒っていますよ

2009年12月20日日 URL   #- /編集

元気だせよww(*^-<"*))

2009年12月23日水 URL りぃちゃん #- /編集

コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。