日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家に帰ったら、家族が入れ替わってた。

628 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2009/09/26(土) 20:35:38 ID:XAqMt/F90

このスレのログ読んでたら今思い出した。
小さい頃の変な記憶がある。

小学校低~中学年くらいの頃のことなんだが、ある日、学校から帰ったあとの午後に、家から7~800mくらい
はなれた線路沿いの道端で、ひとりでぼーっと空を見上げてた。
あんまり普段そういうことする子供じゃなかったんだが、なんで見上げてたのかは覚えてない。

で、しばらくして「夕方になるしそろそろ帰らなくちゃ」とか思って家に帰ったら、家族が入れ替わってた。
家の中で、母親っぽい人や祖父母世代の人など、何人かが夕飯の準備したり普通に生活をしてたんだが、
それが全員知らない人だった。

その人たちの家族構成や家の中の様子が、自分の記憶とどのくらい違ってたかはよく覚えていない。
ただ俺のことはどうも家族の一員として認識してるらしくて、「どこいってたの、夕飯の時間までおとなしくしてなさい」
的な感じで、普通に家の中に引き入れられた。
俺はどう対応していいか分からず、かといってどうも自分のことを家族として扱ってるみたいだったから
いきなりパニックになったりすることも無く、法事とかでいきなり親戚のおじさんおばさん達に囲まれた時
みたいな気分で、借りてきた猫のように居間でおとなしくしてた。

その後どうなったかは覚えてない。
ただ、今現在認識してる家族は入れ替わる前の家族だから、元に戻ったんだろうとしか言いいようがない。
そもそもこれが丸ごと夢か何かだったような気もするし。


愛しのジェニファー [DVD]
角川エンタテインメント (2007-05-25)
売り上げランキング: 28042


関連エントリー
Loading


この記事へのコメント

精神病患者が同じ様な話をしていた。

2009年12月21日月 URL #- /編集

カプグラっぽいな。

2009年12月22日火 URL #- /編集

夢だな。
現実かと思ってしまうほどリアルすぎる夢
俺にも一個ある

2009年12月22日火 URL slime #- /編集

解離性人格障害だ
間違いない

2012年04月02日月 URL #- /編集

コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。