日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小学校2年の冬、不思議な少年を見た。

26 :1/3:2009/01/13(火) 13:57:13 ID:hHOalQ180

怖くないかもしれませんが…。しかも無駄に長いですが…。


小学校2年の冬、不思議な少年を見た。



その頃住んでいた家の玄関ドアは分厚い擦りガラス+格子という作りで、外からも格子の隙間からボンヤリと玄関の上がり待ちが見えるくらいだった。
前日までは何も見えなかった。でもその日から見え出した。
擦りガラスの向こうの玄関に佇む、Tシャツに赤い半ズボンの男の子。
「ああ、A君(斜め向かいに住んでた1個下の腕白坊主)が遊びにきたんか」と、ドアを開ける。
田舎でご近所付き合いの厚い地域だったから、昼間は鍵かけない&友達の家に勝手に上がりこんで待ってる とか普通だったので。
でもそこにA君はいなかった。ついでに言うと、赤く見えるものもなかった。電話台は茶色、その横の傘は青、玄関から見て正面の壁は白。何度も確認したから良く覚えてる。
「あれ?」
そして気付く。
「冬休みに備えて、私物をちょっとずつ持って帰りなさい」という先生の言葉と、少年の格好の矛盾に。
いくら室内でも、そんな季節にTシャツ半ズボンは着ない。わざわざ冬にそんな格好をするタフボーイも我が家には居ない。
「? ?」と思いながら、その日はスルーした。

翌日から、その少年はその位置で、私が小学校から帰ってくるのを待っているかの様に、佇むようになった。
恐怖感は無かった。「?」という思いはあったけど。


27 :2/3 :2009/01/13(火) 13:59:19 ID:hHOalQ180

冬休みになって、祖母にその少年の話をすると、祖母も見たという。
「Bちゃん(5歳下の妹)を膝に乗せてテレビ見てたら、横に座ってた」と。
友達の家から帰ってくる時も、やっぱりその少年は居る。
一度友達に状況を話して玄関前までつれてきたが、「誰も居ないよー」と言われる。
父親にも見せたが、やはり「誰もおらん」との事。母親は当時フルタイムの看護士をしていたので、聞くチャンスが無かったように覚えている。

謎なまま日数が過ぎ、三学期が始まって、…まだ寒かったから2月くらいの頃かな?
坊さんが家に来た。遠方の親戚も何人か集まった。全員が仏壇の前に座り、神妙な顔で坊さんのお経を聞いていた。
当時の自分の知っている中で、一番最近死んだ人は父方の祖父だった。
といっても、一年間に合わなくて直には会ってないんだけども。
だから「じいちゃんの何かなのかな」程度に、退屈した妹と遊んでいた。

何故かそれきり、少年は姿を見せなくなった。

それから十年近く経った何気ない昼下がりに、母親にその少年の話をしてみた。
しばらく沈黙した後、いきなり母親が泣き出した。


28 :3/3 :2009/01/13(火) 14:00:27 ID:hHOalQ180

その時まで私は知らなかったのだけど、私には、私と今いる妹Bの間に、もう一人兄弟がいたらしい。
2歳下の男の子で、死産だったそうだ。
「生きていたら多分その男の子と同じくらいの歳や」と言われて、ああそうなのかと妙に納得した。
あの日の坊さんも、祖父ではなく、弟の方の件で来ていたのだとも聞いた。
だからあれきり見なくなったのか…とこれまた冷静に納得した。

それ以外にも何かと「?」な現象の多い体質だった私ですが、そういう感覚は加齢と共に薄れるって本当ですね。今じゃ立派な零感です。
なので弟にも、同じく死産だったBの下の弟or妹(こっちはおぼろげに記憶がある)にも、コンタクトが取れずにいるんですが。
かれこれ彼氏いない歴4年になる姉ちゃんだけど、いつか誰かに嫁にもらってもらえたら、あんたらを産んであげるからね。
それまで、じいちゃんとこで、待ってなさいよ。

以上、長文失礼しました。
しかし何がオカルトかって、自宅内職=出会いが無いくせに『嫁にもらってもらえたら』とか言ってる私が一番オカルトだwww


エスター [DVD]
エスター [DVD]
posted with amazlet at 12.02.10
ワーナー・ホーム・ビデオ (2010-03-10)
売り上げランキング: 4124

関連エントリー
Loading


この記事へのコメント

NEW OPEN

是非ご覧ください!!

http://l9378s.x.fc2.com/

2010年03月11日木 URL pon #- /編集

コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。