日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺が子供だった頃俺と親友しか入れない場所があったんだ

529 :1/2:2009/12/20(日) 15:04:00 ID:5Q8gS4Re0

何十年も前俺が子供だった頃俺と親友しか入れない場所があったんだ
親友は毎日俺のうちに遊びに来てて母ちゃん同士も仲が良かったんだ

俺と親友しか入れない場所は階段登って正面にある部屋の押し入れの中にある小さな扉だ
親友とはいつもそこの中に入って遊んでるんだ
色々な玩具とかを持ってって・・・



ある時親友がその中であるものを見つけたんだ
変な白い色をした箱だった
俺と親友が持ってきた箱じゃない

親友がその箱を開けてしまったんだ
その瞬間親友の持っている蓋は黒く染まりやがてその黒は親友に移り親友まで黒く染まった
俺は怖くなりそこの部屋から出て茶の間にいる母ちゃんを呼びに行った
すぐさま扉に向かうとそこにもう扉はなかった

数日後また扉が現れた
俺は恐怖心に耐えながらも扉の中に入った
そこにはもう親友の姿はなかった
黒に染まった箱が残っていた

俺は蓋を開けようとした


530 :本当にあった怖い名無し:2009/12/20(日) 15:06:29 ID:5Q8gS4Re0

だが親友と同じ目に遭うのじゃないかなどと考えている内に勝手に蓋が開いたんだ
そこから腕が出てきたんだ
俺は引っ張った
力いっぱいに引っ張った
すると親友が出てきた
目の下には隈、顔は真っ青、唇を青くした親友が・・・

親友を引きずって階段を下り茶の間にいる母ちゃんの所に行き
「母ちゃん!○○見つかったよ!」
って言ったんだ
母ちゃんはすぐさま親友の母ちゃんに連絡して来てもらった
親友の母ちゃんは泣いていた
俺の母ちゃんも泣いてた

俺はまだ何かが残っているような気がして
あの扉の所に行ったんだ
そして箱の中身を見た
親友が入れるような大きな箱じゃないと思った矢先
下の階から大きな奇声が聞こえてきた
親友の声だとすぐ分かった俺は急いで扉から出て下の階に向かった
母ちゃん曰く親友は玄関から出てったらしい
俺は玄関を出ると
そこにはある一台の車が玄関から出れないように止まっていた
親友は車の中から出てきた奴に車に無理やり乗せられた
母ちゃんたちも出てきて親友の母ちゃんも乗せられていった
そこから俺はなぜか気絶したらしくその後は何も知らない

母ちゃん曰く親友は引っ越したらしい
今でも俺はこの事を全部覚えている

これでおしまい
読みづらくてスマソw


ナイトメア・シティ デジタル・リマスター版 [DVD]
Happinet(SB)(D) (2012-03-02)
売り上げランキング: 1198

関連エントリー
Loading


この記事へのコメント

なんていうかこう・・・もうちょい何とかならんかったのか

2009年12月22日火 URL #- /編集

作るならもっと文章まとめろよw

2009年12月23日水 URL #- /編集

それで??

2009年12月23日水 URL りぃちゃん #- /編集

コトリバコ系でも開けたのかしら。

2010年04月02日金 URL #- /編集

コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。