日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一人で夏山を縦走していた時のことだ。

500 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2009/10/12(月) 19:15:14 ID:9bFk5Wl20

同級生の話。

一人で夏山を縦走していた時のことだ。
小さなテントでぐっすり眠っていた深夜、どこか遠くから声が聞こえてきた。
「おーい」とくぐもったような声が耳に届く。
寝惚け眼を擦りながら「何だよ?」と呟いた次の瞬間。

グラッと地面が揺れた。

パッと目が覚め、慌てて辺りを調べたが別におかしな所はない。
地震の揺れでもないようだ。
「おーい」と呼ぶ声はしつこく続いている。

・・・この声、夢じゃなかったんだ。

恐る恐るテントから顔を出し「誰?」と返してみた。

と、また地面がグラッと来た。

緊張した。
周りの樹木は動いていない。
揺れたのは自分のテントだけだ。
首を引っ込めて、シュラフに潜り込む。
何だこの声?と聞き耳を立てていると、どうにも奇妙な感じがした。
声が地の下の方から聞こえてくるような気がしたのだ。

もう絶対に無視する。
そう決めて腹を括り、そのまま眠ることにした。


501 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2009/10/12(月) 19:16:05 ID:9bFk5Wl20

翌朝、テントから出ようとした彼は焦った。
入り口のファスナーを開くと、黒土が中に流れ込んできたからだ。

外に這い出してから、言葉を失った。
固い地面の上に設営した筈のテントが、二十センチばかりも大地の中に潜り込んでいる。
テントの周りの土だけが、まるで耕されたばかりであるかのように柔らかくなっていた。

「あのまま答え続けてたら、そのまま地の底に引き摺り込まれていたかもな。
 流石に怖かったよ。
 一人だったしね。
 それからどうしたかって?
 予定通り縦走してから下山したよ。
 それ以上他に変なことは起こらなかったし」

本当に怖かったのかよ!?
思わずそう問い質した私だった。


ゴールデンボーイ―恐怖の四季 春夏編 (新潮文庫)
スティーヴン キング Stephen King 浅倉 久志
新潮社
売り上げランキング: 30720

関連エントリー
Loading


この記事へのコメント

なんで世界まるみえチックなのwww

2009年12月29日火 URL     #- /編集

コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。