FC2ブログ

日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

俺が中一の時の話。

326 :本当にあった怖い名無し:2009/12/27(日) 22:05:40 ID:hlUYv418O

俺が中一の時の話。
親友(A)が死んだ。一家心中だった。



Aの家は小さな焼き鳥屋をしてたんだけど、火事を出して近所中を一緒に燃やしてしまった。
それが心中の原因になった。
Aが死んだのは土曜日、Aは俺の家に遊びに来ていた。
夕方ふらっと遊びに来て、二人で別々の漫画をしばらく読んだ後、またふらっと帰っていった。
よくあると言えばよくあることだった。
月曜日の朝、担任に呼ばれてAが死んだことを聞かされた。
警察からも話を聞かれた。
死亡推定時刻は土曜の夕方らしかった。
俺はAが俺の家に、死ぬ前に来たのか死んだ後に来たのか結局今でも分からない。
別にどっちでもいいんだけどね。


いっぺんさん (文春文庫)
朱川 湊人
文藝春秋 (2011-02-10)
売り上げランキング: 32259

関連エントリー
Loading


この記事へのコメント

いいのか!

2010年01月02日土 URL #- /編集

どっちが怖い?

2010年01月02日土 URL あ #- /編集

死んだ後にこれると思ってるわけ?

2010年01月03日日 URL #- /編集

どっちでもいいほど親友だった、と言いたい。

2010年01月04日月 URL #- /編集

友人の死の方が気がかりだったんだろうよ

2010年01月04日月 URL #- /編集

コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)